企画書と提案書の違い

企画書と提案書の違い

企画書と提案書では”根本的な役割”が違います。

企画書は企画の裏づけと実践するためのアクションプラン、

誰が何を担当して、いくら儲かるのか?そして

いくら経費削減されるのか等の収益性、将来性が

しっかりと設計されているものです。

続きを読む

企画を立てるコツ

スライド01

高確率で成果につながる企画とは?

こんにちは、ひらめき社長です。

高確率で成果を上げる企画ノウハウをアドバイスし、

実践サポートをするマーケティングデザインを専門で行っています。
マーケティングデザインとは、

企業のブランド力を向上し、ファンを育てる仕組みを築く、

実践型のマーケティング戦略です。

続きを読む

企画立案の流れ

スライド02

今回の企画で実現したいことは何ですか?

  • 売り込みをしなくてもお客様から来てもらえる。
  • 景気が後退する中でも着実に売上の伸ばす企業。
  • 新しい会社を立ち上げて成功させる。
  • ライバル企業が多数いる中でも、どんどん売れるようになる。
  • 優秀な人材が集まる。
  • ヒット商品が連発する。

続きを読む

企画の基本構成

企画の基本構成

フレームワーク思考で企画を考え、高確率で成果につながる企画術を身につけよう!

企画の種類によっても変わってきますが、

企画書の基本的な構成は以下のようになります。

続きを読む

「事業構造」の書き方

事業構造の書き方

全体と部分、鳥の目・虫の目というお話は前章でもお話しましたが、

企画書にも全体的な動きや役割、事業構成がわかるシートが一枚入っていると

非常につかみやすい企画書となります。

イメージは事業の全体像を図解したものです。

続きを読む

「調査」について

スライド06

前ページの現状の問題点と課題にて出た仮説を検証するための

データが調査です。

調査というとマーケティングリサーチとかネットリサーチの外部委託もありますが、

実際に企画する人が足を使いヒアリングすることも重要です。

続きを読む

「企画の狙い」の書き方

企画書の狙いの書き方

今回の企画の企みを記載します。

ここでは5W1H毎に考えると整理しやすくなります。

1.WHEN・・・なぜ
2.WHAT・・・何を
3.WHO・・・誰に
4.WHEN・・・いつ
5.WHERE・・・どこで
6.HOW・・・どのように

続きを読む

「はじめに」の書き方

はじめにの書き方

「はじめに」の書き方

”はじめに”のページでは、

この企画を実践する趣旨を明確に伝える必要があります。

なぜこの企画が必要なのか?そして、

そしてこの企画がなぜ優れているのか?そのポイントが

このページで記載されます。

続きを読む