企画書の書き方から始める

企画書の作成に役立つパワーポイントテンプレートを多数ご用意しております。企画書の作成や事業計画書の作成にご活用ください。今後も新しいコンテンツを定期的に増やして配信していく予定です。◎ダウンロードフリー ◎商用利用OK ◎クレジット表記不要にてご利用いただけます。ダウンロードには、ひらめきメンバー登録(無料)が必要です。

template

 

企画を通じて日本を元気にしたい。

大量生産の時代が終わり、真に価値のある商品・サービスしか生き残ることが難しくなった現代。新たな価値を創造し、提案していくことが求められる中、経営者・ビジネスマンにとって営業企画、商品企画、販促企画、事業企画など企画書を書くスキルは欠かせません。日夜を問わず、様々な企画書が作成され、企画プレゼンが行われています。会議や打ち合わせなども含めると、膨大な時間が企画書の作成にはかかっていますが、その内いくつの企画が採用されているでしょうか。そして、採用された内いくつの企画が”成果を出している”でしょうか。企画を練り上げることを専門とし、企画書の書き方・活用にプロとしての情熱を捧げてきた私たちは、企画が”机上の空論”となり、企画書が”パワーポイントのデータ”となってしまうような状況を残念に思います。

一般に、多くの企業では「考える人」と「動く人」が別々になっているのが現状です。せっかく立てた企画も、現場のリアル感無き発想になってしまったり、逆にとても素晴らしいプランだが、現場のスタッフと想いが共有できず途中で頓挫してしまったり。様々な摩擦が生じています。しかしこれがもし、全ての人が「考えながら動ける人」になったなら、互いが共通言語の下で企画書を読み、そして企画の「本質」を理解して動く。そんな人や組織があふれたら、日本はもっと面白くなる。

全ての人が「企画する力」を持てたなら、企画を「実践していく力」を持てたなら、今はまだ眠っている素晴らしいアイデアの数々は形になり、そして世の中に溢れる課題はもっと解決されていくはず。私たちは『ひらめきEX』という「企画・企画書の書き方・企画の推進の仕方」に関するオープンソースなプラットフォームを創ることで、全ての人が「企画する」というスキルをもち、「実践」していくためのツールとノウハウを分かち合い、世の中を、今よりもっと、面白くしていく場を創りたいと思っています。

具体的にはこのひらめきEXを通じて

[1] 企画を練り上げていくためのノウハウ・事例の配信(企画力を高める方法・場づくりを行う方法)

[2] 企画書作成に関するノウハウ・事例の配信(企画書の書き方・まとめ方・デザインについて)

[3] 企画の立案から実践・振り返りにいたる各段階でのサポートツール・テンプレートの共有

を行っていきます。

誰にも負けない「企画」の可能性・「企画書」の活用法へあくなき探究。

企画書活用のすすめ『探究思考』

11140039_828389200578315_5655498654457161647_n_Fotor現在、兵庫県の市立高校にて「探究学習」という授業の設計・講師を行っています。なぜなんだろう?という素直な疑問を持ち、そこから「問い」を生み出すプロセスを設計しています。何気ない日常に「問い」を持ち、仮説検証サイクルを回転させていくという、まさに私たちが「企画」と呼び、課題を探究し新たな解決策を導きすというプロセス・思考スタイルを高校生たちが実践しています。物事を多面的に捉えて深めて考えていく、そして収集した情報をもとに構造的に捉えていくというプロセスはとても大切であり、企業においてももっともっと大切に育まれていくべき能力だと考えています。大学の入試制度の変革に伴い激変する”教育”という分野。この大変革する教育の分野で開発される最先端の手法を常に吸収しながら、「探究する」というプロセスをノウハウ化・アレンジし、「探究思考」として共有していきたいと考えております。

企画の地盤『対話』〜フューチャーセッションの開催〜

en_Fotor多様なメンバーが集い一つの企画を作っていく場づくりの基礎となる「対話する組織」の構築。私たちはこれまで、企画書のフレームならびにあらゆるマーケティングメソッド・コミュニケーション手法の効果を最大限に活用しながら「対話」の場を創ってきました。経営層から現場のスタッフまで、そして時にはエンドユーザーも対話の輪の中に交え、リアルな声から企業様の問題・課題を発見し、問題解決のアイデアを生み出してきました。今日では様々な対話のノウハウを体系化した最先端の対話手法”フューチャーセッション”(提供:株式会社フューチャーセッションズ(http://www.futuresessions.com/)を軸に対話の場の構築、新規事業の創出を行っています。今後、企画を立案・実践していくには必須となる対話を促進する力。ひらめきEXでもその力を養うためのツールと情報を配信させていただきます。

企画力養成講座の多数導入実績

DSC_0830_Fotor大手企業様を中心に、企画力を高め、企画書という共通フォーマットの下、社内に企画ノウハウを浸透させることを目的とした講座を展開しています。”企画力を高める”という言葉は簡単ですが、実現するのは難しいです。なぜなら企画力は、アイデアを考えた数、企画書に落とし込んだ数、そして何より、企画を実践した経験量によって育まれるものだからです。そこでひらめきEX(株式会社アンド)では、自社内に現状存在しているリアルな問題・課題を持ち込み、その課題を講座の与件として学習・実践するハイブリット型のプログラムを作りました。一般によくある与件が与えられ、その場限りの企画案で終わってしまうのではなく、講座を機に実際にプロジェクトや改善策が動き始めるという点が好評を得て、サービス業、小売業を中心として導入が多数進んでいます。

企画書の書き方記事一覧

▶︎ ひらめきEXの運営企業情報はこちらから
▶︎ ひらめきEXへのお問い合わせはこちらから
▼ ひらめきEXの「企画書書き方ポイント記事一覧」

企画を立てるコツ 企画立案の流れ 企画の基本構成 企画書と提案書の違い
「事業構造」の書き方 「調査」について 「企画の狙い」の書き方 「はじめに」の書き方
「目次」の書き方 企画書の体裁について ワンシート企画書 広告宣伝の書き方
アクションプランの 問題と課題の書き方 企画の種類 ▶︎ 記事一覧へ

公開日:
最終更新日:2015/07/25