企画書の書き方

企画書フレームのパワーポイントデザイン無料サンプルを配信開始しました!

こんにちはひらめき編集部です。本サイトでは、企画書の無料テンプレート(パワーポイント)を配信させていただいております。累計利用者が20,000人を超えるまでになり、多くの方にご利用いただけること、編集部一同感謝しています。

その中でお問い合わせとして多数メッセージをいただくのが「見栄えの良いテンプレート、デザインフレームが欲しい」というお声でした。

そこで今回、企画書や提案書を作成する際にご利用いただける、パワーポイントのデザインサンプルを投稿させていただく運びとなりました。今後、データを追記していく予定ですので、ご意見・ご要望などございましたらお寄せいただけると幸いです。

ダウンロードいただけるデータ
データに関して
パワーポイントの生データをダウンロードいただけます。
※)色やサイズ、配置の編集を自由に行っていただくことが可能です。
無料ダウンロード・商用利用可能です。
※)ひらめきEXのメンバー登録(無料)が必要となります。

 
img1img2img3

サンプル(パワーポイントデータ)
※MacOSで作成しているため、Windowsをご使用の場合、データにズレが生じる場合がございます。その場合はお問い合わせフォームよりメッセージにてご連絡ください。
企画書テンプレートとして配信させていただいているパワーポイントデータと合わせてご利用いただければ、資料作成に関してはかなり大幅にカバーできるかと思います。

フィードバックの募集

ひらめきEX編集部では、企画書作成に関して課題となるポイントへのサポートコンテンツを充実させて、プロジェクトを推進される方のお役に立ちたいと思っております。企画書のフレームデザインに関してお悩みの点、また、本記事で配信させていただいておりますデータに関してフィードバックをいただければ幸いです。

募集内容例
企画書のデザインで悩んでいること
ひらめきEXコンテンツへを使ってみた感想
そのほか企画運営などに関するお悩み

 
フィードバックいただける方はこちらからお願いいたします。
ひらめきEXコンタクトフォーム

それでは、本日もここまでお読みいただきありがとうございました。

企画書作成の参考にしたいサイト【8選】

kikakusyo

プロジェクトを始める際には、企画書を作成する必要が出てきます。やりたいことはあるものの、企画の立て方がよく分からなかったり、企画書への落とし込みの方法が分からないという場合があります。そこで、本記事では企画立案・企画書作成の参考になる記事と、企画書のテンプレートをダウンロードできるサイトをピックアップさせていただきました。企画立案・企画書作成の一助になれば幸いです!

続きを読む

企画書”表紙”の書き方※サンプル付き

hyoushi

企画書を作成されているみなさま、
企画書の作成は順調に進められているでしょうか?

中身である本文が完成したら、
次に「表紙」を作成する必要があります。

本投稿では企画書の表紙の書き方について触れてみたいと思います。
また、無料テンプレートも掲載させていただいておりますので、
必要に応じてご活用ください。

続きを読む

最初に読んでおきたい!企画を立てるコツ

スライド01

高確率で成果につながる企画とは?

こんにちは、ひらめき社長です。

高確率で成果を上げる企画ノウハウをアドバイスし、

実践サポートをするマーケティングデザインを専門で行っています。
マーケティングデザインとは、

企業のブランド力を向上し、ファンを育てる仕組みを築く、

実践型のマーケティング戦略です。

続きを読む

企画立案の流れ

スライド02

今回の企画で実現したいことは何ですか?

  • 売り込みをしなくてもお客様から来てもらえる。
  • 景気が後退する中でも着実に売上の伸ばす企業。
  • 新しい会社を立ち上げて成功させる。
  • ライバル企業が多数いる中でも、どんどん売れるようになる。
  • 優秀な人材が集まる。
  • ヒット商品が連発する。

続きを読む

企画の基本構成

企画の基本構成

フレームワーク思考で企画を考え、高確率で成果につながる企画術を身につけよう!

企画の種類によっても変わってきますが、

企画書の基本的な構成は以下のようになります。

続きを読む

「調査」について

スライド06

前ページの現状の問題点と課題にて出た仮説を検証するための

データが調査です。

調査というとマーケティングリサーチとかネットリサーチの外部委託もありますが、

実際に企画する人が足を使いヒアリングすることも重要です。

続きを読む

「企画の狙い」の書き方

企画書の狙いの書き方

今回の企画の企みを記載します。

ここでは5W1H毎に考えると整理しやすくなります。

1.WHEN・・・なぜ
2.WHAT・・・何を
3.WHO・・・誰に
4.WHEN・・・いつ
5.WHERE・・・どこで
6.HOW・・・どのように

続きを読む