企画書作成に使える無料テンプレート一覧

生産性を高めるためにおすすめのクラウドソーシングサービス

生産性を高めるためにおすすめのクラウドソーシングサービス

こんにちは!本日はWEBを通じて日本各地、世界各地の方々に業務を外注することができるサービス「クラウドソーシング」についての投稿です。

スポンサーリンク

クラウドソーシングサービスについて

クラウドソーシングとは?

クラウドソーシングとは、オンラインで不特定多数の方に向けて業務を発注することができるサービスのことです。「クラウド(群衆)」と「ソーシング(発注)」の2つの言葉を掛け合わせて、クラウドソーシングサービスと呼ばれます。

WEBサイトの制作やシステム開発ほか、資料作成やデータ収集業務など、幅広い業務をいつでも日本中のユーザーに依頼することができます。

働き方の多様化に伴い、クラウドソーシングサービスも一般に定着してきています。実際、ひらめき編集部でもクラウドソーシングサービスを利用してロゴ制作や記事作成、アンケート業務などを発注しています。

クラウドソーシングサービスのメリット

発注側としては、各業務の専門家にいつでもどこでも業務を依頼できる、必要な時に必要な分だけ業務を依頼できるなどのメリットがあり、受注側としても時間にとらわれずに仕事ができる、自分のスキルに合った仕事を探すことができるなどのメリットがあります。

クラウドソーシングサービス利用時の注意点

一方で、クラウドソーシングサービスを利用して業務を発注する際は、見知らぬ人に業務を依頼する状況になるため、事前のすり合わせややりとりの透明化、プロセスの明確化など、普段のやりとり以上に気を使う必要があるのもまた事実です。

信頼に値する人物であるかどうか、過去の実績や評価を確認することはもちろんですが、提案募集時にきちんとメッセージでやりとりを行います。そのやり取りの中で、共にやっていけそうな相手かどうかを見極められるよう、工夫が必要です。

まずは少額の業務から依頼をはじめ、システムの使い方やプロジェクト募集の流れなどを掴んでいくことをおすすめします。

おすすめのクラウドソーシングサービス

ランサーズ

画像元(公式サイト):ランサーズ

運営歴10年を突破し、日本のクラウドソーシング事業を牽引してきた定番サービス「ランサーズ」。制作系、開発系、業務系など幅広く扱っており、総合型のクラウドソーシングサービスとしてトップクラスの案件数、ランサー(※受注者の名称)数を誇る。

クラウドワークス

生産性を高めるためにおすすめのクラウドソーシングサービス

画像元(公式サイト):CrowdWorks

ランサーズと並んでクラウドソーシングサービスの代表格となっているクラウドワークス。弊社でも使いやすいUIや充実したプロフィール画面が魅力的で、編集部でも利用させていただいているクラウドソーシングサービス。

クラウドソーシングサービスの使い勝手をテストしたいという場合は、ランサーズもしくはクラウドワークスのどちらかから初めてみるのがおすすめです。

シュフティ

画像元(公式サイト):シュフティ

在宅ワークの主婦ユーザーが多数登録しているクラウドソーシングサービス。データ入力や文章作成など事務系作業がメイン。主婦の方の知識や経験を活きるような業務の依頼時におすすめ。

coconala

画像元(公式サイト):ココナラ(coconala)

似顔絵や動画作成、美容・ファッションの相談といった様々な知識やスキルを売り買いできるオンラインマーケットとして登場したクラウドソーシングサービス。美容系やファッション系に強い、クリエイターやライターが多数集う。

Shinobiライティング

画像元(公式サイト):Shinobiライティング

記事の作成依頼に特化したクラウドソーシングサービス。SEOを考慮した記事の作成をディレクションから作成業務までまとめて依頼することかが可能。

おわりに

以上、生産性を高めるためにおすすめのクラウドソーシングサービスについてでした。おすすめのクラウドソーシングサービス情報については、今後も追記していきたいと思っております。

それでは、本日もここまでお読みいただきありがとうございました。よければこちらも合わせてお読みください♪

関連記事便利サービスまとめ!無料から活用できるオススメのWEBツール27選

関連記事WEB会議・テレビ会議ができるおすすめのサービス6選

スポンサーリンク
合わせて読みたい記事
トップへ戻る