企画書作成に使える無料テンプレート一覧

モヤモヤをスッキリに変える課題整理セミナー開催

スクリーンショット 2017-04-15 21.56.34

閲覧いただきありがとうございます。本ページはひらめきEX(株式会社アンド)の主催する課題整理セミナーに関するページです。

やりたいことがあるのに時間がない

やりたいことはあるのにとにかく時間がない!気づけばいつも1日が終わってしまっているんだよね・・・

社長の仕事を誰かに任せて、社長は新しいことに取り組みたい。本来やるべきは経営なのに、現場から抜けられない。

課題が溢れていて何から手を付ければよいか分からない。そうこうしているうちに何度も同じ問題がグルグル回っている。

スタッフの教育をどう進めれば良いか分からない。忙しい中、教育に時間をかけていられないし、みんなどうしてるんだろう。

などなど、次のステージに進むぞ!という想いとは裏腹に、成長期の企業には問題課題が山積み!

本セミナーは、業務に忙殺されて一向に進まない現状に生じる葛藤を感じられらている皆さま向けのモヤモヤをスッキリに変える2時間の対話型ワークショップです。

事業の多角化・水平展開をスムーズに進めていくには「人」と「組織」の成長が欠かせないと言うけれど、ではどのように人を育てていけばいいのだろうか?

『兎にも角にも課題が多い…』という成長ステージに立つ中で、一度状況を俯瞰・整理し、大枠のロードマップを描きたい。という皆さまと共に、課題の可視化・整理・解決施作の設計を行います。課題解決の方向性付け、優先順位決定などにご活用いただけます。

【お持ち帰りいただけるもの】
現状の課題マップ
解決に向けた大枠の方向性
直近取り組む最初の一歩
セミナー内容
①課題抽出

現状抱えておられる問題課題をブレストします。ここでは付箋を用いてまずは頭に浮かぶ課題を出し切ることがポイントです。
zu1

②課題整理

抽出した課題を整理します。アウトプットとして「グルーピング」「ロジックツリー」の2つの形にまとめます。これらの形に整理したのち、参加者の皆さま同士でシェアして、フィードバックを返し合う時間を設けます。
zu2

③解決策の探究(対話形式)

問題課題を整理した上で、実際に解決に向けてどのようなアプローチをとっていくのか?というアクションの方向性を設計します。出力物としては大枠のスキームやロードマップが該当します。
zu3

アンドのセミナーでは上記の内容を参加者の方同士の対話を重視してワークショップを行います。対話型で進行するメリットは下記のようなものがあります。

【対話型で行うメリット】
一人で考えていては気がつかない視点やアイデアを得られる
言語化するのが難しいことを会話の中から見いだすことができる
実際に自分の課題について話すのでセミナー後そのまま次に進める
開催概要

●日時
 2017年5月17日(水) 18:30〜20:30
●定員
 20名様(先着順)
●費用
 3,000円/人
●会場
 イーグレひめじ[アクセス]
●ファシリテーター
 小野 義直
 岩松 洋
●主催
 株式会社アンド 仕組み化プロジェクト

お申し込み方法

本セミナーへの参加お申し込みはFacebookのイベントページにて受け付けさせていただいております。イベントに関する最新情報、課題整理に関する参考情報などもFacebookにて合わせて配信していますので、ぜひチェックしてみてください。

参加申し込み

※)Facebookをされていない方、またはFacebookでのお申し込みはご都合の悪い方は本サイトお問い合わせフォームより、参加お申し込みの旨、お寄せくださいませ。

スポンサーリンク
トップへ戻る