企画書作成に使える無料テンプレート一覧

思考整理から企画立案まで!情報を抜け漏れダブりなく整理する考え方MECE

情報を抜け漏れなく整理するMECE

こんにちは!ひらめき編集部の宮田です。本サイトでも配信している多数のフレームワーク。今回はそれらのフレームワークを使いこなすための、ベースとなる考え方の一つが「MECE」です。

アイデア発想やマーケティングリサーチ、業務整理の際など様々な場面で活躍しますので、ぜひ押さえておきたい考え方ですね。役職や役割に関わらず、ぜひ皆さんチェックしてみてください。

スポンサーリンク

MECEについて

MECEとは?

MECE(ミーシー)とは、モレなくダブりなくを意味する英語「Mutually Exclusive and Collectively Exhaustive」の頭文字をとった造語です。

MECE自体はフレームワークではなく、考え方の一種です。物事を考えたり情報収集する際、どうしても偏りが生まれてしまいますが、MECEの考え方を意識しておくことで、それらの偏りを極力少なくすることが可能となります。

MECEをイメージで掴む

MECEが成立している状態

思考整理から企画立案まで!情報を抜け漏れダブりなく整理する考え方MECE

上図のように要素A〜Dがモレなくダブりなく構成されている状態をMECEが成立している状態。一方、下図のような状態がMECEを満たしていない状態です。

MECEが成立していない状態

思考整理から企画立案まで!情報を抜け漏れダブりなく整理する考え方MECE

実際に上記のように可視化すると分かりやすかったとしても、頭の中で情報を整理していると、モレやダブりが起きても気がつかない場合があります。

特に、モレについては一度抜け落ちると、その後最後まで気がつかないという危険性があるため、アイデア発想や調査を行う際は、最初に全体を網羅的に可視化することがポイントです。

MECEの使用例

例えばの例として、社内の女性向けお昼ご飯について調査しようとした際の、調査対象に関してMECEを意識して見てみます。

思考整理から企画立案まで!情報を抜け漏れダブりなく整理する考え方MECE

モレなしダブりなしの状態

調査対象を20代(社員)、30代、40代、50代以上と分けた場合、これはモレなくダブりなくを満たしている状態と言えます(※10代社員はいない前提)。

思考整理から企画立案まで!情報を抜け漏れダブりなく整理する考え方MECE

モレなしダブりありの状態

もしこの中に「子育て中」の社員という分類を追加したとすると、子育て中社員の中には20代や30代の方を含むため、ダブりが発生する状態となります。

思考整理から企画立案まで!情報を抜け漏れダブりなく整理する考え方MECE

モレありダブりなしの状態

こちらはもしも「50代以上」の分類が「50代」だった場合、60代や70代…以降の方が入らないため、これがモレのある状況となります。

思考整理から企画立案まで!情報を抜け漏れダブりなく整理する考え方MECE

モレありダブりありの状態

モレ、ダブり、両方の要素が混在した分類の状態がこちら。

思考整理から企画立案まで!情報を抜け漏れダブりなく整理する考え方MECE

以上がMECEを成立、非成立の各パターンのイメージと例でした。繰り返しになりますがこのMECEは、フレームワークや各種思考ノウハウを使いこなす上でのベースとなる考え方です。

本サイトでも紹介している手法と組み合わせて使用し、企画立案やアイデア発想、思考整理の精度を高められるよう、ぜひ習得してみてください。

おわりに

以上、思考整理から企画立案まで!情報を抜け漏れなく整理する考え方MECEについてでした。多面的に物事を考察する必要がある今、MECEはベースとして必須の考え方となっていますね。今後も本記事はブラッシュアップしていきたいと思っております。

それでは、本日もここまでお読みいただきありがとうございました。よければこちらも合わせてお読みください♪

関連記事マーケティング調査・分析に使えるフレームワーク《11選》

関連記事【企画立案】アイデア発想に使えるおすすめのフレームワーク※テンプレートあり

関連記事モヤモヤした時に試したい!課題整理の手順※フレーム付

スポンサーリンク
合わせて読みたい記事
トップへ戻る