企画書作成に使える無料テンプレート一覧

企画書のパワーポイントデザインはまず基本的なポイントを押さえよう

企画書作成に関するお悩み
資料の見た目がダサいがデザインスキルがないので困る
パワーポイントの細かい使い方が分からない
デザインに毎回こだわっていたら時間が足りない

 
はい!どうもこんにちは、ひらめき編集部の宮田です。上記の声は、ひらめきEXに寄せられるお悩みの声です。ざっくりまとめると「企画書のデザインってめんどくさい!!」というお悩みです。

スポンサーリンク

ポイントを押さえてみる

ということで今回は「企画書のパワーポイントデザイン」について探究してみます。パワーポイントを使った企画書作成のスピードやクオリティを上げたい!と考えておられる方は読み進めていただければ幸いです。

筆者の私は「伝わるデザインの基本 増補改訂版 よい資料を作るためのレイアウトのルール」という本を読みながら練習しました。

ここでは、その中からすぐに試せて、パワーポイントデザインにおける影響度の高そうな要素を3つピックアップしています。

ポイント
フォント(読みやすいフォントに)
行間(行間は初期設定よりやや広めに)
余白(余白は十分に取る・揃える)

 
といった感じの3つですね。個人的にはこの3つが整頓されていれば、少なくとも”変なデザイン”にはならないと思います。

実際に試してみる

百聞は一見にしかずということで、実際にパワーポイントを使って試してみます。仮に下図の様な資料があったと仮定します。

整頓前

割とありそうな資料ですよね。ひらめきEXでは、企画書の作成代行を請け負っていますが、実際にこのような「なんか…読みにくい!」というレベル感の資料が寄せられることが多数あります。

i1

整頓後

で、これをピックアップしたポイントに従って整頓してみたバージョンがこちらです。見た目の違和感みたいなものは消えて、割と読みやすくなったのではないでしょうか。

i2
ポイントの振り返り
フォント(読みやすいフォントに)
行間(行間は初期設定よりやや広めに)
余白(余白は十分に取る・揃える)

イメージを書き込むと

編集中のイメージをデータの中に書き込むと下記のようなイメージです。なお、今回はフォントを「MS Pゴシック」から「メイリオ」に変更しています。

i3

パワーポイントデータを添付

本記事を投稿するにあたり、サンプルデータを作成しました。せっかくなので下記のスライドのパワーポイント生データを添付させていただきます。よければご活用ください。

si1

 
サンプル(パワーポイントデータ)
※MacOSで作成しているため、Windowsをご使用の場合、データにズレが生じる場合がございます。
※本記事内で使用した写真については、ライセンスの関係で配布用データでは「image」となっております。

企画書のデザインおすすめの本

企画書や提案書をはじめとした資料をデザインする際に、筆者の宮田が参考にさせていただいた書籍はこちらです。

伝わるデザインの基本 増補改訂版 よい資料を作るためのレイアウトのルール

一生使える 見やすい資料のデザイン入門

なるほどデザイン〈目で見て楽しむ新しいデザインの本。

それぞれ例題も充実しており、とても分かりやすいので初心者の方でもオススメです。気になる方は合わせてチェックしてみてください。

おわりに

以上、企画書のパワーポイントデザインにおけるはじめの一歩についてでした。簡単なポイントを押さえれば、資料作成はグンと捗るのではないかと思います。

本日もここまでお読みいただきありがとうございました。ひらめきEXに関するご要望、ご相談などございましたらお気軽にお寄せください。

▽お問い合わせフォーム
http://www.kikakulabo.com/contact/

▽企画書テンプレート無料配信ページ
http://www.kikakulabo.com/template/

▽企画書作成代行について
http://www.kikakulabo.com/proposal-service/

セミナー開催のお知らせ

2017年12月6日(水)19:00〜21:00、企画書の書き方に関するセミナーを東京にて開催させていただきます。WEB上や書籍などでは手の届かない、リアルな課題へのご相談にご活用いただける場にしたいと考えております。ぜひチェックしてみてください。

▽企画書の書き方セミナー開催情報
企画書作成セミナーについて

スポンサーリンク
トップへ戻る