企画書作成に使える無料テンプレート一覧

企画運営時に活用したいPDCAチェックシート

企画運営時に活用したいPDCAチェックシート

こんにちは!ひらめき編集部です。今回は企画運営時に活用したいPDCAチェックシートについての投稿です。

PDCA自体は企画運営の担当者であれば一度は聞いたことがあるであろうフレームワーク。この定番フレームですが、実際に活用するのは難しいフレームでもあります。今回はそのPDCAについて、チェックシート形式でアプローチしていきます。

スポンサーリンク

PDCAチェックシートについて

PDCAとは?

PDCA(サイクル)とは、企画運営や業務遂行について「計画→実行→評価→改善」のステップを継続的に回すことで、管理体制や運営体制の質を高め続けていくために使われるフレームワークです。

計画、実行、評価、改善それぞれの英単語の頭文字をとって「PDCA(ピーディーシーエー)」と呼ばれます。

PDCA
Plan:計画
Do:実行
Check:評価
Action:改善

循環図で表現されることの多いPDCA。このサイクルは一周して終わりというものではなく、何度も何度も回していくことで真価を発揮します。

計画と実行はするけれど、評価が行われず、やったらやりっぱなし。サイクルが回っていない…。という状況に陥りがちです。そこで以下に、PDCAサイクルを振り返るチェックシートのテンプレートを掲載させていただきました。

チェックシート化する

企画運営時に活用したいPDCAチェックシート

計画を練って書き込んでおき、振り返りの際にまずは実行内容や結果について整理。次に評価を行い、改善策を策定していきます。振り返りの際には、KPTなども合わせて活用いただければと思います。

関連記事振り返りシートとしてご活用ください!『KPT』の無料テンプレート配信

テンプレート

今回ピックアップしたPDCAのチェックシートについて、パワーポイントで作成したテンプレートデータを掲載させていただきます。目的に応じて編集し、ご活用ください。

テンプレートPDCAチェックシート

おわりに

以上、企画運営時に活用したいPDCAチェックシートについてでした。企画運営におけるチーム管理やマネジメントに関して、今後もコンテンツを追記していきたいと思っております。

それでは、本日もここまでお読みいただきありがとうございました。よければこちらも合わせてお読みください♪

関連記事社会人基礎力を軸にしたフィードバックシートのテンプレート例

関連記事業務の責任者を可視化・共有するフレームワーク「RACI」とテンプレート

スポンサーリンク
合わせて読みたい記事
トップへ戻る