企画書作成に使える無料テンプレート一覧

Portfolioboxを使ってオンラインで使用できるポートフォリを作成する

Portfolioboxを使ってオンラインで使用できるポートフォリを作成する

こんにちは!ひらめき編集部の宮田です。本日はポートフォリオ作成サービスについての投稿です。自己(自社)PRのためにポートフォリオを作成してみたいと考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

ポートフォリオを作成する

ポートフォリオとは

ポートフォリオとは、カメラマンやデザイナー、イラストレーターなどクリエイターが自分の作品を見やすくまとめたものを意味します。(言葉自体の持つ意味はその限りでは無く、その他のジャンルでも用いられます。)

自分にはどのようなコンテンツを作成する力があるのか?を見てもらうために、クリエイターとしては活用したいツールの一つです。

オンラインポートフォリオ作成サービスPortfoliobox

オンラインポートフォリオ作成サービスPortfolioboxを使ってみました♪

画像元:Portfoliobox

Portfolioboxとは、プログラムの知識が無くても、誰もがオンライン上に自分のポートフォリオサイトを作成することができるサービスです。

Webページ作成サービスを利用するよりも機能が絞られており、スピーディーかつおしゃれなデザインのポートフォリオを作成、オンラインに公開できるところが魅力のサービス。

Portfolioboxで作成したポートフォリオサイトの例

さて、百聞は一見にしかずということで、実際にPortfolioboxを使ってポートフォリサイトを作成してみました。

Portfolioboxには有料プランと無料プランがありますが、今回はひとまず無料プランでアカウントを立ち上げてみました。

Portfolioboxを使ってオンラインで使用できるポートフォリを作成する

FacebookなどのSNSアカウントに連携してログインすることも可能。実際にログインすると下のような写真のログイン画面になります。

Portfolioboxを使ってオンラインで使用できるポートフォリを作成する

実際に写真を掲載してみたサンプルが下の写真のイメージです。(いくつかのスタイルやレイアウト、機能なんかが実装できるのですが、このあたりは今回割愛します。)

Portfolioboxを使ってオンラインで使用できるポートフォリを作成する

Portfolioboxを使ってオンラインで使用できるポートフォリを作成する

Portfolioboxを使ってオンラインで使用できるポートフォリを作成する

1枚目がtopページ、2枚目+3枚目が下層のギャラリーページになっています。今回は1ページのみですが、下層ページについてはいくつかのスタイルの中から選択し、複数ページ設定することができます。

Portfolioboxでポートフォリオを作成すると専用のURLが発行され、公開して見てもらうことが可能となります。今回作成したサンプルは下記のリンクから確認いただけます。

実際に使用してみた感想

ポートフォリオの作成に特化しているため、必要以上のことを考える必要がなくて便利だなという感覚です。使い始めはまず、操作性にやや戸惑いましたが、慣れるとサクサク画面の編集を進めていくことが可能ですね。

おしゃれなデザインのポートフォリオをひとまずスピーディーに立ち上げたい、という方にはオススメかと思います。なお、ECコマースなどの機能を実装することも可能(その場合は有料)。

公式サイト:Portfoliobox

おわりに

以上、オンラインポートフォリオ作成サービスPortfolioboxを使ってみました♪についてでした。オンラインポートフォリオは、場所や時間を問わず自分をPRするツールの一つですので、時間コストのバランスを見ながら、ぜひ活用してみてください。

それでは、本日もここまでお読みいただきありがとうございました。よければこちらの記事も合わせてお読みください♪

関連記事便利サービスまとめ!無料から活用できるオススメのWEBツール26選

関連記事売り手とユーザーが相互にコミュニケーションが取れるライブコマースサービス

関連記事請求書をオンラインで管理できる請求書作成サービスおすすめ2選

スポンサーリンク
合わせて読みたい記事
トップへ戻る