企画書の第一印象を決める!「目次」の書き方3つのポイント※サンプル付き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

企画書を作成されているみなさま、
「目次」の書き方について考えたことはありますでしょうか?

“企画は中身が勝負!”
“だから企画書も本文が勝負でしょう。”
というお声をよくお聞きします。

まさにその通りで、
企画は中身が勝負ですが、
企画を提案する、企画書を提出する、
ということを考えた時、

目次の存在も重要です。
表紙や目次も最後にきちんと整えたい重要なページです。

なぜなら、
まずは企画書を”見てもらう”ことが必要だからです。
そのためには、
“パッと見て何が言いたいのかが伝わる”ことが大切です。

企画書の入り口となるのが「目次」であり、
企画の概略を一目で理解してもらうのが目次の役割となります。

伝わる企画書を作成するために、
目次の書き方のポイントを押さえていきましょう。

==========
1:企画書全体の論理構造を確認する
2:見出しをつける
3:目的に合わせてデザインする
追:企画書「目次」テンプレートを活用する
==========

1:企画書全体の論理構造を確認する

企画書全体の構成を確認します。

◎言いたいことは何で、どんな順番で伝えるのか。
◎各要素(ページ)同士の関係はどんな関係なのか?
・メインのページと部分的な詳細情報
・参考情報なのか  などなど。

2:見出しをつける

企画書全体の論理構造が整理できたら、
その構造が一目で伝わるように見える化します。

見出しがあると、
人は頭の中で論理構造を自然と意識して読み進めます。

3:目的に合わせてデザインする

ここまでで整理してきた情報をどのように見せるのか、
ということを考えていく段階です。

ロジックツリーのように配置するのか、
ブロック状に配置するのか、
写真やイラストなどのビジュアルイメージも入れるのか、

実際に企画書を見せる時のシーンをイメージしながら、
目次ページの最終調整を行いましょう。

追:企画書「目次」テンプレートを活用する

いかがでしたでしょうか。
目次を見やすく作成することが、
“成果の出る企画書”を書くための第一歩です。

企画書「目次」サンプル
↑画像クリックでサンプルをダウンロードしていだけますので、
参考にして作成してみてください。
(※ひらめきメンバー無料登録が必要です)

それでは、成果の出る企画書作成に向けて、
分かりやすい目次作成に取り組んでみてください。
ご質問・ご要望などいつでもお待ちしております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

企画書テンプレートの活用を始める

現状の問題を解決したい、新しい取り組みを行いたいと考えておられる皆様。何から手をつけていいのか分からない・・・。考えがまとまらない・・・。と悩んでおられませんか?ひらめきEXでは、アイデア創発から思考の整理、対話のサポートツール等などのフレームを無料配信しています。企画立案・事業モデル設計など、プロジェクトを創り上げていく各段階の課題に応じてご活用ください。

ダウンロード(無料)

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*