企画書作成に使える無料テンプレート一覧

「問題と課題」の書き方

現状何かしら問題点があるからこそ、

その改善策として企画が必要になります。

問題点の把握は鳥の目虫の目でさまざまな角度から調査を重ねて

問題の本質をつかみます。

(調査方法においては調査についてのページにて)

例えば家具屋さんの販促企画を立てたとしましょう。

量販店に比べて価格で勝てないため

問題は価格にあるだろうということで

安い商品を仕入れ催事を開く企画を立てたとします。

この”価格に問題があるだろう”ということは

あくまで仮説であり、本質はもしかしたら違うかもしれません。

仮説の裏づけが取れないまま企画が走ってしまうと

とてつもない損失になる危険性があります。

以外と斬新なアイデアだからと突っ走ってしまうケースがありますが、

少し手間な部分かもしれませんが、非常に重要ですので

仮説の検証=調査はしっかりと行い、仮説の裏づけを取り、

課題を導きます。

トップへ戻る