企画書作成に使える無料テンプレート一覧

重要度×緊急度マトリクスで課題を分類する※テンプレート配信中

重要度×緊急性マトリクスで課題を分類する※テンプレート配信中

こんにちは!ひらめき編集部の宮田です。今回は着手する問題課題の検討時や、日々の業務の整理の際に活用できる「重要度/緊急度マトリクス」についての投稿です。

自社(自分)にとって重要であるか?それらは緊急を要するか?という2つの評価軸で物事を考察するこの手法は、組織・個人問わず思考整理を行う上で活用される定番フレームワークです。そういえば良く分かってないな…という方は、ぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

緊急度/重要度マトリクスについて

緊急度/重要度マトリクスとは?

緊急度/重要度マトリクスとは、自社の業績にどの程度影響を与えるか?という「重要度」と、納期や対処へのスピードがどれくらい求められているか?という「緊急度」という2つの評価軸のマトリクスを用いて、問題やタスクの整理および優先順位決定を行うフレームワークです。

緊急度/重要度マトリクスを作成する

重要度×緊急度マトリクスで課題を分類する※テンプレート配信中

まずは問題や課題を一つずつ書き出し用意します。アナログで書き出す場合には、付箋一つに一つずつ課題を書き出します。課題が書き出せたら、それぞれの課題をマトリクス上に配置していきます。

チームで活用する際のポイント
複数人で緊急度/重要度マトリクスを使用する場合は、「緊急」「重要」という軸の定義の認識を共有しておくことがポイントです。

緊急度/重要度マトリクスの作成例

重要度×緊急度マトリクスで課題を分類する※テンプレート配信中

緊急度/重要度マトリクスの作成例として、一つサンプルを作成させていただきました。マトリクス作成のイメージができない…という場合は、一つの参考としてチェックしてみてください。(あくまでも一つの例なので、引っ張られすぎないように気をつけてください。)

緊急度/重要度マトリクス活用のポイント

今すぐDOはすぐ実行

重要度×緊急度マトリクスで課題を分類する※テンプレート配信中

マトリクスの中で、重要であり緊急でもある要素は「今すぐDO案件」となり、マトリクスの四象限の中で最も重要です。

緊急ではないが重要な要素がポイント

重要度×緊急度マトリクスで課題を分類する※テンプレート配信中

さて、この緊急度/重要度マトリクスで意識しておきたいポイントが「緊急ではないが重要な要素」にあります。ここは将来の投資にあたる様な要素が入る象限です。例えば、人材育成の課題や、新規市場開拓のための課題など。

緊急性が低いため、どうしても後回しになりがちですが、ここが充実していなければ、会社の未来を創っていくことができません。緊急度/重要度マトリクスを整理することで、この象限に資源を注ぐための工夫も合わせて考えたいところです。

フレームのテンプレート

今回ピックアップさせていただいた「重要度/緊急度マトリクス」のフレームについて、パワーポイントで作成したテンプレートを掲載させていただきます。目的に応じてご活用ください。

重要度/緊急度マトリクス4マス

重要度×緊急度マトリクスで課題を分類する※テンプレート配信中

ここまでに紹介してきた4マスのテンプレートです。標準的な重要度/緊急度マトリクスの仕様となります。テンプレートを印刷して活用するのはもちろん、ホワイトボードやノートなどに同じフレームを作図して活用することも可能です。

重要度/緊急度マトリクス9マス

重要度×緊急度マトリクスで課題を分類する※テンプレート配信中

標準的な重要度/緊急度マトリクスをもう少し細かく分割して考える9マス版です。項目の量が多い時などに便利です。

重要度×緊急度マトリクスで課題を分類する※テンプレート配信中

上図のようにランク分けを行うということも手法として可能。4マス、9マス共に下記のURLからダウンロードいただけます。

テンプレート重要度/緊急度マトリクス

おわりに

以上、重要度×緊急度マトリクスで課題を分類する※テンプレート配信中についてでした。事業戦略の分析からタスクの整理まで、幅広いシチュエーションで活用できる重要度/緊急度マトリクス。ぜひ一度使ってみてはいかがでしょうか。

それでは、本日もここまでお読みいただきありがとうございました。よければこちらも合わせてお読みください♪

関連記事取り組む課題の概要を整理する!課題設定シートのテンプレート

関連記事取り組む課題の優先順位を検討する意思決定マトリクスのテンプレート配信

参考書籍フレームワーク使いこなしブック

スポンサーリンク
合わせて読みたい記事
トップへ戻る