企画書作成に使える無料テンプレート一覧

重要度×緊急性マトリクスで課題を分類する※テンプレート配信中

重要度×緊急性マトリクスで課題を分類する※テンプレート配信中

こんにちは!ひらめき編集部の宮田です。今回は企画立案の際に活用できる、重要度×緊急性マトリクスについての投稿です。

課題整理の際に、課題を分類し、優先順位決定していく際にご活用いただくことが可能です。課題は何となく可視化できてきたので、どれからやるか?を考えたいという人はぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

重要度/緊急性マトリクスについて

重要度×緊急性マトリクス

重要度/緊急性マトリクスは物事の優先順位や今現在どのような業務に資源を割いているのかを可視化するために便利なツールです。新人研修時代に登場し、もうすでに知っているよという方も多いことかと思います。

使い方としてはシンプルで、重要度が高い低いという軸と緊急性が高い低いという軸のマトリクスを作成し、業務や検討事項を整理していきます。

企画書作成の場合は、緊急度のところに効果などを入れるのもOK。緊急かつ重要な要素から検討、実践していけるように組み立てていきます。

右上の象限はいますぐ実行

まず分かりやすいのが「緊急であり重要な要素」である右上の象限。ここはいますぐDOゾーンですね。優先順位は最も高くなる部分です。

右下の象限が重要

重要度×緊急性マトリクスで課題を分類する※テンプレート配信中

ポイントとなるのが重要ではあるが緊急ではないという右下の部分。この部分に事業全体の方向性や、未来の開拓についてなど、中長期的なポイントが詰まっています。

どうしても目先のこと(左上の象限)を優先せざるを得ないのが現実ですが、この右下の部分について対話したり議論したりできる時間をどうにか確保するというのも企業の成長には欠かせません。

テンプレート

重要度×緊急性マトリクスで課題を分類する※テンプレート配信中

今回ピックアップした重要度/緊急性マトリクスについて、パワーポイントで作成したフレームのテンプレートを添付させていただきます。目的に応じてご活用ください。

テンプレート重要度/緊急性マトリクス

おわりに

以上、重要度/緊急性マトリクスのテンプレート配信中についてでした。とてもシンプルかつ便利なフレームですので、ぜひ使いこなせるようにトライしてみてください。

なお、重要度/緊急性マトリクスをはじめとして、各種ビジネス分析ツールについて知りたい場合は下記の書籍がオススメです。企画立案、企画書作成にも大いに役立つ情報がコンパクトにまとめられています。

おすすめ本グロービスMBAキーワード 図解 基本ビジネス分析ツール50

それでは、本日もここまでお読みいただきありがとうございました。よければ下記の記事も合わせてチェックしてみてください♪

関連記事モヤモヤした時に試したい!課題整理の手順※フレーム付

関連記事【 無料テンプレート 】マーケティング調査・分析に使えるフレームワーク《11選》

トップへ戻る