企画書作成に使える無料テンプレート一覧

企画書の締め「総括」の書き方

企画書の締め「総括」の書き方

こんにちは!ひらめき編集部です。今回は企画書作成ラストスパート、企画書の締めとなる「総括」についてです。企画書作成もあと一歩!踏ん張っていきましょう。

スポンサーリンク

企画書を締める

ここまでのステップで作成してきた企画書を締める役割を持つのが「総括」です。本で言えば「あとがき」のようなもの、企画書全体の内容を一言でまとめなおしたり、未来への展望などを綴ってみても良いでしょう。

せっかく企画書がきちんと作成できていても、締めがふにゃっとしていると印象もふにゃっとして終わってしまいます。簡潔に、かつ熱意を込めて総括を作成しましょう。文章で表記、写真も使って表記など、スタイルは自由。

おわりに

以上、企画書の締め「総括」の書き方についてでした。参考資料がある場合は参考資料の作成へ、参考資料が不要な場合はここで企画書の作成はひとまず終了です。

セミナー開催のお知らせ

2017年12月6日(水)19:00〜21:00、企画書の書き方に関するセミナーを東京にて開催させていただきます。WEB上や書籍などでは手の届かない、リアルな課題へのご相談にご活用いただける場にしたいと考えております。ぜひチェックしてみてください。

▽企画書の書き方セミナー開催情報
企画書作成セミナーについて

スポンサーリンク
トップへ戻る