企画書作成に使える無料テンプレート一覧

【企画立案】ターゲットの気持ちを可視化する共感マップのサンプルとテンプレート

【企画立案】ターゲットの気持ちを可視化する共感マップのサンプルとテンプレート

こんにちは!ひらめき編集部です。企画立案において、誰に(ターゲットに)何を届けるのか、そしてそのターゲットはどのような人物なのか、普段何を感じ、考えているのか?を可視化することの重要性についてはこれまでにも触れてきました。

今回は、ターゲットの状況や感情、思考、希望などを可視化する手法の一つである「共感図」についての投稿です。

スポンサーリンク

共感図について

【企画立案】ターゲットの気持ちを可視化する共感マップのサンプルとテンプレート

共感図は主に下記の要素について、調査やインタビュー、ヒアリングを行った内容をもとに作成していきます。

項目

・見えていること
・言っていること
・やっていること
・感じていること
・聞こえていること
・考えていること

インタビューや調査をはじめ、ターゲットに成り得る人物を招いて、ワークショップ形式でブレストするのも良いでしょう。ここでは、具体的にターゲットの状況が想定できるような情報を出すことがポイントです。

実際に本サイトひらめきEXの共感図を作成してみた、共感図のサンプルを掲載させていただきます↓↓

書き出す要素については、ポジティブな要素、ネガティブな要素の双方を意識して書き出しています。

まずは量を出力してみて、後に整理するのがはじめはオススメです。下記にパワーポイントで編集可能な、共感図のテンプレートも添付させていただきましたので、活用してみてください。

共感図テンプレート

中心の円にはターゲットとなる人の写真や顔を書き出すのが一般的です。円のサイズや、書き出す要素の割合なども、目的と用途に合わせて編集してご活用ください。

テンプレート共感図

おわりに

以上、【企画立案】ターゲットの気持ちを可視化する共感マップのサンプルとテンプレートについてでした。

関連記事誰に・何を届けるのか?ブレストシート※パワポのテンプレートあり

関連記事ターゲット像を明確にしよう!ペルソナシートの書き方とテンプレート配信

※本記事の作成にあたり、下記の書籍を一部参考にさせていただいております。

参考書籍Web制作者のためのUXデザインをはじめる本 ユーザビリティ評価からカスタマージャーニーマップまで

セミナー開催のお知らせ

企画書や企画立案関連のセミナーを実施中です。WEB上や書籍などでは手の届かない、リアルな課題へのご相談にご活用いただける場にしたいと考えております。ぜひチェックしてみてください。

▽2018/01/27 イベント企画書の書き方セミナー
イベント企画を立てるポイントとイベント企画書の書き方セミナー@東京

スポンサーリンク
トップへ戻る