企画書作成に使える無料テンプレート一覧

イベント企画の運営時に必須の申し込み受付フォーム設置サービスおすすめ2選

イベント企画の運営時に必須の申し込み受付フォーム設置サービスおすすめ2選

どうもこんにちは!ひらめき編集部の宮田です。イベント企画書の書き方に関する記事を過去に投稿しました。

実際にイベントを運営していく際に必要不可欠となるツールの一つ「申し込み受付フォーム」。今回は、編集部でも実際に使っている受付フォームの立ち上げサービスをピックアップさせていただきます。

スポンサーリンク

申し込み受付フォーム設置サービス

Peatix

イベント企画の運営時に必須の申し込み受付フォーム設置サービスおすすめ2選
画像元:Peatix

ひらめき編集部で最も利用している受付フォームがこちらのPeatix(ピーティックス)です。イベントの受付フォームをはじめ、告知分、ビジュアルイメージ、決済機能など、イベント企画の運営時に必要な機能を網羅しています。

(フォームのイメージ↓↓)
イベント企画の運営時に必須の申し込み受付フォーム設置サービスおすすめ2選

フォームの立ち上げ自体は無料。Peatixのフォームを経由して決済が行われた際には、決済手数料が差し引かれるというシステムです。多少コストがかかりますが、決済管理の手間暇を考えると、それでもメリットの方が大きいと感じています。

Peatix上で申込者とのメールのやりとりができたり、管理者用のスマホアプリ(下図のイメージ)があったりと、イベント企画運営者には必須のサービスとなっています。

イベント企画の運営時に必須の申し込み受付フォーム設置サービスおすすめ2選

なお、Peatixでは定額課金のシステムなども整っており、定期的に開始するようなイベントのフォームにも適しています。実際にPeatixを利用して作成したフォームを下記に掲載しておきます。

▽Peatixのフォームサンプル
企画書の書き方セミナー申し込みフォーム

Googleフォーム

イベント企画の運営時に必須の申し込み受付フォーム設置サービスおすすめ2選
画像元:Googleフォーム

こちらはGoogleの提供するフォーム作成サービスです。イベント専用という訳ではなく、様々なフォームのカスタマイズが可能です。

決済機能などはなく、イベントの申し込みフォームとしてはPeatixにおとりますが、Googleスプレッドシートとの連動、Webサイトへの埋め込みが可能など、使い勝手の良さは魅力的。

また、こちらについては完全無料で利用可能。

おわりに

以上、イベント企画の運営時に必須の申し込み受付フォーム設置サービスおすすめ2選についてでした。イベント企画の担当をされる方は、ぜひチェックしてみてください。

なお、1月にイベント企画書の書き方、イベント企画の立て方に関するセミナーを東京で開催予定です。詳細はまた後日UPさせていただきます。本日もここまでお読みいただきありがとうございました!

関連記事便利サービスまとめ!無料から活用できるWEBツール21選

関連記事イベント企画で使える備品管理表テンプレート

セミナー開催のお知らせ

企画書や企画立案関連のセミナーを実施中です。WEB上や書籍などでは手の届かない、リアルな課題へのご相談にご活用いただける場にしたいと考えております。ぜひチェックしてみてください。

▽2018/01/27 イベント企画書の書き方セミナー
イベント企画を立てるポイントとイベント企画書の書き方セミナー@東京

スポンサーリンク
トップへ戻る