企画書作成に使える無料テンプレート一覧

コンテンツマーケティングを勉強したいと思った時にオススメの本3選

コンテンツマーケティングを勉強したいと思った時にオススメの本3選

こんにちは!ひらめき編集部の宮田です。先日、大阪でカスタマージャーニーマップの作成会を行いました。

コンテンツマーケティングについて本やWEB記事、セミナーなどで情報をインプットしてきた中から、今回はオススメの本をピックアップしてみました。

スポンサーリンク

コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングの意味については多数定義を見つけることができますが、個人的には下記の定義がとてもしっくり来ています。

カスタマージャーニーマップは、元々はユーザーエクスペリエンスデザインの世界で開発されたものです。企業が意図した体験を生活者が経験できているか、さらによりより経験を生み出すためにはどうするかを検討するために使われます。コンテンツマーケティングにおいては、見込み客が必要としている情報が、認知から購買に至るまで、適切なコンテンツ、適切な媒体で伝達できているか、あるいはどう改善できるのかを確認するために使われます。(引用元:Webコンテンツマーケティング サイトを成功に導く現場の教科書

ここではコンテンツマーケティングが何か?という点については深堀しませんが、私にとってコンテンツマーケティングの考え方やノウハウは情報発信を行っていく上で欠かせない存在となっています。以下、そのエッセンスを感じられる本たちの紹介です。

オススメの参考本

Webコンテンツマーケティング


Amazon

私がコンテンツマーケティングについて勉強する際のベースとなったのがこちらの一冊。カスタマージャーニーマップをはじめどのような視点でコンテンツを作り、情報発信、計測・改善を行っていけば良いのか?についての基礎を押さえることができます。

コンテンツマップの作成やエディトリアルカレンダー(編集用のカレンダー)についても触れており、実践する際に助かる情報が満載。

UXデザインをはじめる本


Amazon

UX(ユーザーエクスペリエンス)デザインについての基礎について、順を追って読み進められるオススメ本。ペルソナの設定からカスタマージャーニーマップの作成までについて丁寧に紹介されています。

沈黙のWebライティング


Amazon

WEBライティングを学ぶ人なら一度は通る、ウェブライダーの松尾さんの著書。WEBライティングに関する基礎知識がインプットできるほか、コンテンツに愛を込めるということの意味や意義が感じられるオススメ本。

ストーリー形式になっていて読みやすい一冊です。

おわりに

以上、コンテンツマーケティングを勉強したいと思った時にオススメの本3選についてでした。今回ピックアップした本は全て、何度も読み返す教科書のような一冊となっています。

今後も、コンテンツマーケティングに関するオススメ本があれば追記させていただきます。本日もここまでお読みいただきありがとうございました。

関連記事企画立案の必須要素!マーケティングが学べるオススメの参考本7選

セミナー開催のお知らせ

企画書や企画立案関連のセミナーを実施中です。WEB上や書籍などでは手の届かない、リアルな課題へのご相談にご活用いただける場にしたいと考えております。ぜひチェックしてみてください。

▽2018/01/27 イベント企画書の書き方セミナー
イベント企画を立てるポイントとイベント企画書の書き方セミナー@東京

スポンサーリンク
トップへ戻る