企画書作成に使える無料テンプレート一覧

自分の持ってる素質って何か知ってる?今年も年末にストレングス・ファインダーやってみた!

こんにちは!ひらめき編集部の宮田です。2018年明けました。今年もどうぞよろしくお願いいたしますッッ!!

年末年始のこのタイミングで、個人、企業友に振り返りや目標設定をされる方も多いかと思います。その一部として、自分の強みは何だろうか?これからどんな強みを磨いていこうか?と考える機会があるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ストレングス・ファインダーで自分の素質を知る

さて、そこで役に立つ一つの診断ツールがストレングス・ファインダーです。人が持っている資質を34種に分類し、いくつかの質問に答えていくことで自分の持っている資質TOP5を分析することができるというものです。

ここで資質と書いているのは、ストレングス・ファインダーによって見出した資質を強化することによって、自分の強みを創ることができるから、という訳であります。

実施の手順

百聞は一見にしかずということで、実際にストレングス・ファインダーを使ってみます。書籍「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0」を購入すると、巻末の袋とじに1回限定で使用できるアクセスコードが記載されています。

↑巻末写真。

次に「gallupstrengthscenter.com」にアクセスし、右上のコード入力部分からコードを入力し、診断テストを進めていきます。

診断は30分ほどで終了します。実際に僕がストレングス・ファインダーをやってみた結果が下記の5つです。

やってみた結果(宮田)

僕の場合は「着想」「学習欲」「目標志向」「最上志向」「内省」の5つが出ます。

着想

着想という資質を持つ人は、新しいアイデアを考えるのが大好きです。全く異なる現象に見えるものの間に、関連性を見出すことができます。

学習欲

学習欲という資質を持つ人は、学習意欲が旺盛で、常に向上を望んでいます。特に結果よりも学習すること自体に意義を見出します。

目標志向

目標志向という資質を持つ人は、目標を定め、その目標に向かってまい進し、目標達成に必要な修正を行うことができます。優先順位をつけてから、そのとおりに行動します。

最上志向

最上志向という資質を持つ人は、強みを利用して、平均的ではなく最高の水準を、個人ないしは集団において追求します。単なる強みを最高レベルのものに変えようとします。

内省

内省という資質を持つ人は、頭脳活動に多くの時間を費やします。内省的で、自分の頭の中で考えるのが好きで、知的な討論が好きです。

これらを伸ばし、逆に欠けている部分は補ってもらえるパートナーを見つける。そうやって自分の強みを磨き、また強みを活かせる環境を作っていく工夫を凝らしていきます。

詳細も閲覧可能

書籍にそれぞれの資質の詳細が記入されているほか、WEB上でも詳しく見ることができます(PDF出力も可)。例えば「着想」をもう少し詳しく見てみると下記のような説明が出てきます。

「着想」の才能が強い人は、創造力があり、独創性を認めます。ブレインストーミングやディスカッショングループな ど、自由に考えることを楽しみます。彼らは生まれつき、多様な視点から問題を考える能力があります。誰でも知ってい る世の中の事柄を取り上げ、それをひっくり返すことに喜びを感じます。それによって人々は、その事柄を、意外な角度 から眺めることができます。型にはまらない考えを持ち、 新しいアイデアや概念に魅力を感じ、容易に思い付きます。 彼らは着想が大好きです。なぜならそれは深い意味があり、目新しく、明瞭で、逆説的で、奇抜だからです。これらすべ ての理由で、新しい着想が生まれるたびに、彼らにはエネルギーが電流のように走ります。

自分で言うのも何ですが、めちゃくちゃ合ってます(笑)。万能な能力を持った人はいません。自分の能力をどうやって活かしていけば良いか、じっくり考えたいという方はぜひチェックしてみてください。

おわりに

以上、自分の持ってる素質って何か知ってる?今年も年末にストレングス・ファインダーやってみた!についてでした。自分の持ってる強みってなんじゃろな?って思っていた2017年でしたが、2018年は自分の強みをピカピカに磨いていきたいと思います。

▽さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

それでは、本日もここまでお読みいただきありがとうございました。本年もひらめきEXを何卒、よろしくお願い申し上げます!

関連記事SWOT分析に使えるテンプレート配信中!パワーポイント生データ無料ダウンロード

関連記事やりたいことリスト書き出しシートのテンプレートをUPしました!

スポンサーリンク
合わせて読みたい記事
トップへ戻る