企画書作成に使える無料テンプレート一覧

企画立案の流れ

今回の企画で実現したいことは何ですか?

  • 売り込みをしなくてもお客様から来てもらえる。
  • 景気が後退する中でも着実に売上の伸ばす企業。
  • 新しい会社を立ち上げて成功させる。
  • ライバル企業が多数いる中でも、どんどん売れるようになる。
  • 優秀な人材が集まる。
  • ヒット商品が連発する。

そんな不景気を打破するためのスキル、それがひらめき企画力です。

そもそも企画とは、「企て」を「描く」こと。
企画書には、この「企て」、「企み」を詰め込んで作られます。

企画というとどうしても突発的なアイデアが先行してしまいがちですが、
実践されて、成果の出ない企画は、むしろ企画とは言えません。

ひらめき企画ができるまで

企画立案の流れ

アイデアとはいくつもの引き出しの中から調査と分析を重ねて、発想されるものです。
思いつきのように思われるアイデアですが、
蓄積された情報の組み合わせや引き算、足し算からアイデアが生まれます。

つまり何もない所からパッと浮かぶ訳もなく、
普段からいくつもの引き出しを用意しておくことが
良いアイデアにつながり、
そこから実践ベースまで落とし込んだ企画書へとつながります。

アイデアを形にするために、成功するための設計書、それが企画書です。

広告業界では、よく企画書がかかれますが、
成果を実現する設計図までの精度を持った企画書は皆無に等しく、
言わば提案書レベルのものが企画書として流通されています。

例えば、企業向けのシステムを提案する提案書を作ったとします。
作成者としては、そのシステムを売りたいがために、
いかに素晴らしかを熱く書いた提案書を書きます。

しかし、企業としてはこのシステムを入れることで、
いくら儲かるのか、またはいくら経費が削減されるのか?が知りたいのです。

そして、類似企業とどういう違いがあり、どこが優れているのか?
さらに成功事例を紹介してクロージングへと導いていきます。

提案書レベルであっても、顧客の本当のニーズであれ全体像が見えなければ、
部分的なシステムだけを提案してもただの押し売りになってしまいます。

車で言えば、テールランプだけを作るのではなく、
完成系である車のことを考えて作るということです。

本来の目的は、

「部分ではなく全体にある」訳です。

また、全体を見渡すことで、企画の軸が固まります。

「鳥の目と虫の目」

ひらめき企画とは、革新的な企画を立て、実践して検証、そして成果へとつなげるまで
のプロセスのことをいいます。

そんなひらめき企画力を身につけましょう!

セミナー開催のお知らせ

2017年12月6日(水)19:00〜21:00、企画書の書き方に関するセミナーを東京にて開催させていただきます。WEB上や書籍などでは手の届かない、リアルな課題へのご相談にご活用いただける場にしたいと考えております。ぜひチェックしてみてください。

▽企画書の書き方セミナー開催情報
企画書作成セミナーについて

スポンサーリンク
トップへ戻る