企画書

PEST分析テンプレート配信(パワーポイントデータ)

こんにちは!ひらめきEX編集部です。今回は企画書や提案書の一部としても活用できる、PEST分析のテンプレートについて投稿してみたいと思います。

ひらめきEXでは、企画書作成に活用できるテンプレートを配信しています。PEST分析についてもその中で配信しているアイテムの1つです。

PEST分析とは?

PEST分析とは、自社の事業や組織に影響を与えるマクロ的な環境を考えることで、戦略立案・戦術設計の質を高めていく際に便利な分析手法です。

自社を取り巻くマクロ環境の変化を大きく4つの指標「政治(Politics)」「経済(Economy)」「社会(Society)」「技術(Technology)」を取って未来シナリオを予測します。各指標の頭文字をとったのが「PSET」というわけですね。

上記はひらめきEXで配信しているPEST分析のテンプレートです。それぞれどんなマクロ的な変化が自社に影響を及ぼしていくだろうか?どの要素が大きな影響を与えてくるだろうか?というのを書き出してみて整理します。

それぞれの変化に合わせてシナリオを用意し、そのシナリオに対応する戦略を設計していきましょう。なお、PEST分析テンプレートのダウンローは下記のページから行っていただけますし、付箋などを使ってA3用紙に整理するなどでも良いかと思います。

▼テンプレートはこちら
企画立案・企画書作成・プロジェクト運営に役立つ無料テンプレート(パワーポイントデータ)

おわりに

以上、PEST分析テンプレート配信(パワーポイントデータ)についてでした。いかがでしたでしょうか。ちなみに、本記事で紹介させていただいたPEST分析を含め、ビジネスフレームワークの活用についてはこちらの書籍が参考になります。

よければ合わせてチェックしてみてくださいね。ひらめきEXでの分析関係記事はこちら↓↓
【無料テンプレート】マーケティング調査・分析に使えるフレームワーク《11選》

企画書作成のアクセントに活用できるアイコン

企画書作成に便利なアイコン

こんにちは!ひらめきEX編集部の宮田です。本日は企画書作成の際にあると便利なアイコンについて投稿してみたいと思います。

アイコンがあると便利

企画書や提案書、そのほかチラシやパンフレットなどなどの制作を行う際、テキストだけで情報を伝えるのって難しかったりしますよね。あとなんかテキストだけだとぬペーっとして見辛い。

そんな時にアイコンがあると資格的に分かりやすく、かつデザイン的にもリズムが出来て良いな〜と思っています(もちろん何事も使いすぎはよくないですが)。

例えばのイメージ↓

aikon

上図は今しがたササッと作成したパワーポイントのデータです。こんな感じでアイコンを使えると、情報配置やデザインの幅が広がっていいですよね。

おすすめのサイト

ではでは実際にアイコン使いたいなと思った時、アイコンをダウンロードできるサイトが必須かと思いますので、今回は実際に僕がいつも使っているサイトを貼っておきます。

ICOON MONO というサイトで、アイコン素材をフリー(無料)でダウンロードでき、ビジネス系統の資料に使うことも許可されている、制作を担当する人としては頼りになるサービスです。

企画書作成の際に便利なアイコン
画像元:ICOON MONO

今確認してみたら6,000以上のアイコンがアップロードされていました。気になるアイコンをクリックすると下図のような画面になり、アイコンのサイズや色を選んでダウンロードできます。

企画書作成に便利なアイコン

あとはダウンロードしたアイコンを企画書や資料などの作成データに載せて編集するという感じです。

▽ICCON MONO
http://icooon-mono.com/

おわりに

以上、企画書作成のアクセントに活用できるアイコンについてでした。無料で使えるサービスなので、便利そうだなと思ったら試してみてください。

それでは、本日もここまでお読みいただきありがとうございました。よければこちらの記事も合わせてお読みください♪

企画書のパワーポイントデザインにおけるはじめの一歩
企画書フレームのパワーポイントデザイン無料サンプルを配信開始しました!

▽企画書作成代行についてはこちら
企画書作成代行について

オススメの企画書作成代行サービスまとめ

企画書作成代行サービスまとめ

こんにちは!ひらめきEX編集部です。本日は企画書作成について相談・依頼することができる企画書作成代行サービスについてピックアップしています。企画書作成の手間を省きたい!という方はぜひチェックしてみてください。

企画書作成代行サービスとは?

企画書作成代行とは、企画書や提案書といった資料の作成を代行してくれるサービスのことです。資料を作成している時間というのは基本的にコストなので、そこにかける時間を短縮して本来やるべき仕事に集中するサポートととなるサービスですね。

●企画書の構成が分からない
●企画書を自分で作成してはみるものの通らない
●パワーポイントの使い方がいまいち分からない
●企画書のデザインがダサくて困っている
●既存の資料をブラッシュアップしたいがスキルがない

といったようなお悩みの声に応えるべく、様々な企画書作成代行サービスが存在しています。以下では、そんな企画書作成代行サービスについておすすめサイトをいくつかピックアップしています。

おすすめの企画書作成代行サービス

おすすめの企画書作成代行サービス

クラウド資料作成代行サービス – SKET(スケット)

デザイナーチームによる資料の作成サービス。洗練された見た目のデザインを科学的根拠に基づいて設計してもらえるところが安心のポイント。公式サイト上に「見やすいプレゼン資料の作り方」に関するslideshareが掲載されているところも魅力的。

▽公式サイトにて企画書作成代行について確認
クラウド資料作成代行サービス – SKET(スケット)

ドキュメントプラス

パワーポイント資料作成の専門会社が提供する企画書作成代行サービス。パワーポイントでつくるチラシについてのワークショップを開催するなど、外に開いているサービスであるところが信頼と魅力のポイントですね。

▽公式サイトにて企画書作成代行について確認
ドキュメントプラス

パワーポイントデザインサービス

年間100件以上の制作を手がけるパワーポイント資料の作成代行サービス。プランナー・コピーライター・デザイナー・エンジニアという各専門家の視点が織り込まれた資料作成が魅力的。大手企業での制作実績があるのも信頼のポイント(詳細は公式サイトにて)。

▽公式サイトにて企画書作成代行について確認
パワーポイントデザインサービス

パワーポイントの資料作成代行サービス「パワポデザイナー」

企画書の作成やブラッシュアップをはじめ、株主総会、展示会、会社説明会、商品発表会、学会発表、営業資料、社内プレゼン資料、提案書などなど、あらゆるパワーポイント資料の作成に精通しているパワポデザイナーによる企画書作成代行サービス。伝わりづらい難しい情報も図解やビジュアルデザインを駆使して分かりやすい資料へとブラッシュアップしてくれるところが魅力的。

▽公式サイトにて企画書作成代行について確認
パワポデザイナー

株式会社オリファイ

“成果を出す資料”の作成に自身と実績を持っている企画書作成代行サービス。「見た目が良い資料を作れば上手くいく」というのは多くの資料作成者が陥りがちなポイントですが、株式会社オリファイではそういった曖昧な資料の作成ではなく、ロジカルかつ見た目の良さにも注力した「結果の出る資料」の作成にコミットしています。

▽公式サイトにて企画書作成代行について確認
株式会社オリファイ

ひらめきEX(株式会社アンド)

手前味噌ながら、本WEBサイト「ひらめきEX」にて企画書作成代行を行っておりますので、最後にピックアップさせていただきました。これまで10,000枚を超える企画書作成の実績を活かして、情報デザイン・ビジュアルデザイン共に課題解決のためのご提案をさせていただきます。

企画書作成代行サービスひらめきEX

▽ひらめきEXの企画書作成代行について確認
企画書作成代行について

なお、本サイトひらめきEXでは企画書のテンプレートを無料配信させていただいております。企画書作成代行というほどの予算感がないという場合には、企画書テンプレートを活用していただければと思っております。ご自由にダウンロードしてご利用ください。

企画書作成代行サービス紹介

▽企画書テンプレートについて
企画書テンプレート配信ページ

おわりに

以上、オススメの企画書作成代行サービスまとめについてでした。冒頭でも触れましたが、見た目のデザインが洗練された資料が求められる一方で、資料を作成している時間は基本的に利益を生み出していない「コスト」です。

企画書などの資料作成にやきもきされている方は、本来やるべき業務に集中して結果を出すために、企画書作成代行サービスや資料作成代行サービスの活用も検討されてみてはいかがでしょうか。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。よければこちらも合わせてお読みください。

▽メディア・媒体資料テンプレート!パワーポイント生データサンプル無料配信中
http://www.kikakulabo.com/baitai-sample/

▽企画書フレームのパワーポイントデザイン無料サンプルを配信開始しました!
http://www.kikakulabo.com/flamesample/

▽ビジネスフレームワークについて勉強になる本4選!
http://www.kikakulabo.com/recommend-book1/

企画書の書き方について学びたい時にオススメ!企画書作成の参考本10選

企画書の書き方がわかるオススメの参考本

こんにちは!ひらめき編集部の宮田です。本日は企画書作成の際に、「企画書の書き方」について参考になる推薦本をピックアップしています。企画書を書くことになったはいいけど何を書けばいいのか分からない…という方はぜひチェックしてみてください。

企画書作成に関する悩みの声

ひらめきEXでは、企画書のテンプレートを無料配信させていただいております。企画書関連の素材や情報を配信させていただく中で、企画書の作成方法、書き方について下記のような疑問、ご要望を日頃いただきます。

・企画書とは一体なんなのか
・どういう項目で書けばよいのか
・どこまで書けば良いのか
・溢れる情報をどうまとめるのか
・ペラものにまとめるにはどうすればいいか
・他部門の人を巻き込む企画書を作成するポイント
・納得感のある企画書の作成
・見やすい書き方

企画書の意味を確認

企画書の書き方の参考になるオススメの本

そんな疑問の声に沿って、まずは企画書の書き方に入る前に「企画書の役割」について確認しておきたいと思います。企画書とは下記のような意味を持っています。

新規事業や新商品の収支計画や事業計画、詳細なアクションプランなど、すぐに実践できる内容まで落とし込まれている。
参考記事:プロジェクトを構想する前に知っておきたい「企画書と提案書の違い」

よく似たものに「提案書」があるが、提案書は課題解決の方向性を共有するためのツールであるのに対して、企画書はそれを読んだ人がその企画書をもとに各自必要なアクションに移っていけるだけの具体的な内容が書かれている必要があります。

企画書は「コト」づくりの図面

企画書を身近なものに例えると、住宅の設計図のようなイメージです。設計図を元に電気工事や塗装など、様々な役割を持った人が一つのものを作り上げていきます。これの「コト」版が企画書の役割ですね。

一つの企画書を共通言語に、プロジェクトが順調に推進していくよう、ひらめきEXでは「シンプルな図解ができている、かつ段階的に掘り下げてある企画書」の書き方、作成についてサポートさせていただいております。

といったような「企画書」の役割を頭の片隅に置きながら、ここでは企画書作成のステップを大きく3つ、「①企画立案ステップ」「②企画書作成ステップ」「③企画書のデザインステップ」に分けて考え、それぞれ参考になる書籍をピックアップさせていただいております。

企画書の書き方に関する参考本

企画立案ステップ

考具 ―考えるための道具、持っていますか?

企画書の書き方に悩まれている方の中に、そもそも企画がきちんと練りこまれていない。考え抜かれていない。誰に何を、どんなことを伝えたいのかがあやふや…という方が多くいらっしゃいます。まずはどのように企画書のパースとなる要素を考えていけば良いのか、日頃どのような思考を持っておけば企画脳になっていくのか、などの内容を実践可能な情報ベースで綴ったオススメの本です。

ドリルを売るには穴を売れ

企画書や提案書を作成するには、まず企画そのものがしっかりと考え抜かれている必要があります。そこで、企画を考える際にポイントとなる「コンセプトメイク」「ポジショニング」などの重要なマーケティング要素について学びたいという人におすすめの一冊です。

神視点マーケティング 顧客が気づいていない「価値」を見出す4つのアングル

こちらもコンセプトメイクの際に参考になる一冊。ひらめきEX編集部では、いかに状況や事象の全体像を捉え、構造的に把握して思考できるか。というところを企画立案、企画書作成の中で大切にしていますが、本書はそういった側面で参考になります。作り手側の視点だけでなく、顧客の視点を加える。しかし、顕在化された顧客の視点を加えるだけでは見えてこない部分があります。それを捉えるための考え方が綴られています。

企画書作成ステップ

企画書の書き方がわかる本

ひらめきEXおよび運営企業である弊社株式会社アンドの企画メソッドの原型となっているのがこちらの著者、高橋憲行先生のCTPTマーケティングメソッドです。図解を用いた分かりやすく立体的な企画書の書き方、全体と部分を意識したシステマティックな企画書の書き方を学びたいなら一押しの一冊。

企画書100事例集 プレミアム1

こちらも同じく企画塾から出版されている本です。企画書の考え方・書き方については大方理解できた。実際に企画書を作成するにあたり、何かサンプル的なものを見ながら書いてみたいのだけど、という場合にオススメなのがこちらの企画書事例集。様々な業界の企画書を掲載しています。

【超】一枚企画書の書き方

本書は、企画書に必要な構成要素を分かりやすく解説するとともに、一枚にまとめる方法を紹介した一冊。膨大な量の企画書は書く方も読む方も時間と労力を要します。短い時間の中で合意形成を図っていきたいという場合にオススメ。

ビジネス・フレームワーク

文字よりも図解の方が相手に情報を整理して、かつ要点を分かりやすく伝えることができます。本書は、アイデアの発散から整理、そしてアウトプットに至るまでのビジネスフレームの活用方法を解説した一冊です。

企画書のデザインステップ

伝わるデザインの基本

誰に何を書くのか?が決まって、どう書くのかの中の「資料デザイン」に関する基礎が学べる一冊です。行間や余白、フォントの使い方などのポイントをおさえることで、資料の見栄えはある程度整えることができます。パワーポイントによる見やすい企画書の書き方を学びたい際におすすめの本。

その他 企画書の書き方参考本

プレゼン力がみにつくPowerPoint講座

ひらめきEXではパワーポイントによる企画書の作成を推奨しています。そこで、パワーポイントの編集について学べるのがこちらの一冊。パワーポイントの操作説明本!というよりも、パワーポイントを使ったプレゼン資料の作り方がメイン。図や表に関する編集方法などが載っているのでおすすめの本。

社内プレゼンの資料作成術

企画書を作成した後はそれを共有するというステップに。その際、時と場合、相手に合わせてプレゼン用に加工する必要が出てくることもあるかと思います。本書は、社内プレゼン資料の作り方に関する考え方や作成のポイントをまとめた一冊です。企画書の書き方からは若干進んだステップになりますが、時間の限られた決裁者に的確にプレゼンしたい、という場合にオススメの本。

合わせて読みたい本

企画書の書き方の手前、企画立案の段階の話になりますが、企画とはそもそも問題解決である必要があります。問題を解決するという視点がなければ、企画は意味のあるものにならず、企画書も書き方を勉強したところでまとめることができません。そこで、問題課題の解決について書かれた参考本も合わせてピックアップしておきますので、よければこちらも合わせて読んでみてください。

マンガでやさしくわかる問題解決

問題解決の基本についてマンガで分かりやすく書かれている定番書。問題解決とは何たるものか?という大枠の情報が掴めるオススメの本。

問題解決のレシピ

こちらも基礎的な一冊。本書の特徴はワークブック形式になっているところで、考えを深めながら読み進めていけるところがオススメ。

おわりに

以上、企画書作成の参考になるおすすめ本に企画書の書き方について学びたい時にオススメ!企画書作成の参考本についてでした。企画書作成の参考になれば幸いです。

企画書作成に関して、何か不明点、ご相談などありましたらお気軽に編集部までお寄せください。それでは、本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

▽編集部へのお問い合わせ
http://www.kikakulabo.com/contact/

▽企画書無料テンプレート
http://www.kikakulabo.com/template/

▽企画書デザインフレーム
http://www.kikakulabo.com/flamesample/

▽企画書作成代行について
http://www.kikakulabo.com/proposal-service/

編集後記

企画書の書き方については、基本的な概念や枠組みを理解したら、あとは量稽古をこなす必要があります。自社、他社の事業をシステム的に観察して図解化してみる。普段からあらゆる階層のものごとを企画書に落とすつもりで図解化してメモに残しておくなど、”構造的に物事を捉える”という練習を常日頃から取り入れてみてください。

企画書作成の参考にしたいサイト【8選】

企画書作成の参考にしたいサイトまとめ

プロジェクトを始める際には、企画書を作成する必要が出てきます。やりたいことはあるものの、企画の立て方がよく分からなかったり、企画書への落とし込みの方法が分からないという場合があります。

そこで、本記事では企画立案・企画書作成の参考になる記事と、企画書のテンプレートをダウンロードできるサイトをピックアップさせていただきました。企画立案・企画書作成の一助になれば幸いです!
 

企画の立案・企画書の書き方について知りたい

企画書の書き方NAVI – 株式会社企画塾

http://www.kjnet.co.jp/kikakusho/

企画の神様「企画塾」の運営する企画書の書き方NAVIです。企画アイデアの出し方から企画書の基本、構成、調査分析方法までが網羅されており、企画書の書き方を学びたい場合はまず最初にチェック。

説得力のある提案資料作成のすすめ – LINE Corporation ディレクターブログ

http://directorblog.jp/archives/51706913.html

まずは動き出すという考え方に加え、企画書・提案書の勝負を分ける「グラフ/表」の使い方について触れられています。説得力のある企画書・提案書作成の参考になります。
 
 

企画書のサンプルを見たい・ダウンロードしたい

ひらめきEX – 株式会社アンド

http://www.kikakulabo.com/template/
 
手前味噌になりますが、本サイト「ひらめきEX」にて企画書のテンプレートを無料でダウンロードしていただくことができます。商用利用OK・クレジット表記不要にてご利用いただけますので、ぜひ企画書作成にご活用ください。なお、企画書テンプレートのダウンロードはこちら

書式の王様 – bizocean

http://www.bizocean.jp/doc/

企画書テンプレートのみならず、ビジネスシーンで必要となるあらゆるテンプレートが揃ったサイト。何か書式に困ったらまずはこちらのサイトで検索してみることをおすすめします。
 
 

お手本となる企画書のサンプルを見たい

これがプロの企画書だ! – BBWAVE

http://bb-wave.biglobe.ne.jp/pre/kikakusyo/

販促会議の人気連載「これがプロの企画書だ!」で、プロが実際に提案した企画書が掲載されています。企画書の見せ方の参考になります。パッと目を引く見せ方と、フレームを活用したロジカルな構成を合わせて行えると良いですね。

bikkuri – IREMONO

http://bikkuri.me/

役に立つ企画書やスライドを集めたサイトです。企画書の構成に関しての参考になることはもちろん、その他、企画書作成に関する参考情報がたくさん掲載されいているので、一見の価値ありです。
 
 

企画書の体裁(デザイン)を整えたい

伝わるデザイン

http://tsutawarudesign.web.fc2.com/

企画書の体裁を整えるにあたり、まず最初に意識したいのは「レイアウト」です。グラフィックなどの見た目よりも、まずは見やすく読みやすいレイアウトになっているかが重要です。情報の配置から資料のレイアウトの仕方まで詳しく分かりやすくまとまっています。

ICOOON MONO

http://icooon-mono.com/

レイアウトがきちんと整えられた企画書は、それだけである程度良いデザインとなっているはずです。そこに、ワンポイント加えたい!という時に役に立つのが「アイコン」です。例えば「電話でアプローチ」の部分に電話のアイコンを入れたりするだけでずいぶん違って見えます。
 
 

まとめ

以上、企画書作成の際に参考になるサイトについてのまとめでした。いかがでしたでしょうか?まずは良質な企画書を見て、何をどういう順番で述べるのが良いのかを決めた後、それに対応したテンプレートをダウンロードして書き進めてみてはいかがでしょうか。プロジェクトのスタート・企画書作成のスピードアップに繋がっていれば幸いです。

【関連記事】
よければこちらも合わせてお読みください。

▼ひらめきEX企画書テンプレート配信ページ
http://www.kikakulabo.com/template/

▼ひらめきEX企画書作成代行について
http://www.kikakulabo.com/proposal-service/

▼企画書作成代行サービスまとめ
http://www.kikakulabo.com/kikakusyo-daikou/

▼企画書フレームのパワーポイントデザイン無料サンプル
http://www.kikakulabo.com/flamesample/

企画書テンプレートをご活用くださる皆さまへ「企画書は一人で書いてはいけない」

「ひらめきEX」は、もともと企画を練り上げるための無料テンプレートサイトとして情報配信を行ってきました。おかげさまでひらめきEXを利用してくださる会員様も、2万人を超えるまでになりました。いつもご愛好いただいている皆様には感謝申し上げます。おそらく今、この投稿をご覧いただいている皆さまも、企画書を書こう!との思いで訪れてくださっていることかと思います。

続きを読む

【企画書の書き方】企画書と提案書の違い

企画書と提案書では”根本的な役割”が違います。

企画書は企画の裏づけと実践するためのアクションプラン、

誰が何を担当して、いくら儲かるのか?そして

いくら経費削減されるのか等の収益性、将来性が

しっかりと設計されているものです。

続きを読む