企画書作成に使える無料テンプレート一覧

業界の競争要因を可視化するファイブフォース分析【テンプレート掲載】

業界の競争要因を可視化するファイブフォース分析【テンプレート掲載】

こんにちは!ひらめき編集部の宮田です。本日は業界の競争要因を特定することで、自社の取りうる戦略を検討するフレームワーク「ファイブフォース(5F)」について投稿しています。

自社の属する業界の状況が把握したい、もしくは進出を狙っている業界の状況を調べたいという方は、ぜひぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

ファイブフォース分析について

ファイブフォース分析とは?

業界の競争要因を可視化するファイブフォース分析【テンプレート掲載】

ファイブフォース分析とは、マイケル・ポーターが提唱した業界分析手法で、「ファイブフォース分析」の他「5F分析」「5つの力分析」などの名称で呼ばれます。

大まかな内容としては、「業界内の競争」「売り手の交渉力」「買い手の交渉力」「新規参入者の脅威」「代替品の脅威」5つの要因が業界全体の収益性を決めると考え、これらの情報を収集・分析することで、業界の魅力や競争優位性を発揮できるポジションを検討します。

5つの要因が多い・高い状態にあるほど、業界の競争は激しいということを意味します。以下、5つの要因について、内容をもう少し補足的に確認していきましょう。

5つの競争要因について情報を収集・整理する

①業界内の競争

自社の属する業界内でどのような競合他社が存在し、競争がどの程度激しいのか、どのような企業が影響力を持っているのかといった直接的な競争要因を整理します。

②売り手の交渉力

売り手とは商品の仕入れ先や商品・サービスの部品や素材の仕入れ先、サプライヤー(供給業者)などが該当します。仕入れ先の企業や業界における変化が、自社の属する業界にどのような影響を及ぼしているのかを整理します。仕入れ先企業が占有的な状況であったり、乗り換えコストが高いと、売り手の交渉力は高まります。

③買い手の交渉力

買い手とは自社の商品サービスを購入してくれる企業・個人などの顧客が該当します。買い手業界が占有的な状態にあったり、ユーザーニーズの変化、乗り換えのしやすさなどが高いと買い手の交渉力が高くなります。

④新規参入者の脅威

業界への新規参入障壁が高いか低いか、新規参入者が多いか少ないといった情報を整理します。設備投資の必要性、法的な規制、技術的なスキル習得難易度が低いと、新規参入者の脅威が高まります。

⑤代替品の脅威

代替品の脅威とは、現状展開している商品サービスのニーズを満たす商品サービスを、別の形や仕組みによって提供され得るかどうかについての要因です。ハードで提供していた商品サービスが、インターネットの力によってソフトで代替されるというケースなどが代表的な例ですね。

ファイブフォース分析で要因を書き出した例

業界の競争要因を可視化するファイブフォース分析【テンプレート掲載】

上図は、ファイブフォース分析の項目に沿って、書店業界を取り巻く競争要因を書き出している簡易例です。思い当たる要因を書き出し、整理していきます。

フレームのテンプレート

今回ピックアップした「ファイブフォース」について、パワーポイントで作成したフレームのデータを掲載しています。調査・分析の場面で、必要に応じてダウンロード・編集し、ご活用ください。

①ファイブフォース分析(基本)

業界の競争要因を可視化するファイブフォース分析【テンプレート掲載】

本記事の中で紹介したファイブフォース分析の基本的なフォーマットとなります。

②ファイブフォース分析(比較)

業界の競争要因を可視化するファイブフォース分析【テンプレート掲載】

ファイブフォース分析を用いて、2つ以上の業界を比較して参入するかどうかを検討する際に活用できるフォーマットです。

テンプレートファイブフォース分析

ファイブフォース分析のその後

ファイブフォース分析を用いることで、業界の競争性や魅力度を分析するという内容について触れてきました。ファイブフォース分析を用いて業界を分析した後は、その業界に参入するのか(参入し続けるのか)どうかを検討し、その業界の中でどのようなポジションを取るのか?へと検討のステップを進めていきます。

ポジショニング(ポジションを検討すること)については、下記の記事で紹介しておりますので、ぜひ合わせてチェックしてみてください。

関連記事マーケティングの基本要素を押さえるフレームワークSTP

関連記事自社事業や商品サービスのポジションを検討する「ポジショニングマップ」

POINT
ファイブフォース分析を用いることで「競争性が高い」という結果が出ても、それが「参入しない(撤退する)」という判断に直結する訳でありません。業界の競争構造を把握し、その中で競争力の発揮できるポジションを構築できるかどうか?までセットで考えることが重要です。

おわりに

以上、業界の競争要因を可視化するファイブフォース分析についてでした。参入を検討する業界、または現在自主が属している業界の状況を分析する際には、ぜひファイブフォース分析の5つの要因について情報を収集してみてください。

それでは、本日もここまでお読みいただきありがとうございました。調査・分析系のフレームワークや手法については、ファイブフォース分析の他にも多数配信しております。よければこちらの記事も合わせてチェックしてみてください。

人気記事競合分析や自社の戦略立案に活用したい「4P+誰に何を分析」

人気記事価値提供のプロセスを分解して改善するバリューチェーン分析

人気記事PEST分析テンプレート配信(パワーポイントデータ)

スポンサーリンク
合わせて読みたい記事
トップへ戻る