企画書作成に使える無料テンプレート一覧

業務の責任者を可視化・共有するフレームワーク「RACI」とテンプレート

業務の責任者を可視化・共有するフレームワーク「RACI」とテンプレート

こんにちは!今回は企画運営において、各業務の責任の所在を可視化・共有するフレームワーク「RACI」とそのテンプレートについての投稿です。

部門や組織を横断して企画運営を行う機会の増えてきた近年、誰が何を実行するのか?責任を持つのか?という認識の共有が重要になってきていますね。そのための方法論として、このRACIも役に立つフレームワークですので、複数人で企画の運営を行う機会のある方はぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

RACIについて

RACIとは?

業務の責任者を可視化・共有するフレームワーク「RACI」とテンプレート

RACI(レイシー)とは、個人やチームに割り当てられた役割を定義・可視化し、企画運営中の責任や情報の所在を明確にする手法の一つです(上図参照)。構成要素の4種類の頭文字を取ったのがRACIという名称で、その内容は下記の通り。

RACIの構成要素

  • 実行責任者(Responsible)
  • 説明責任者(Accountable)
  • 相談先(Consulted)
  • 報告先(Informed)
  • RACIがあることで、企画運営途中で責任(誰が最終的にコミットするのか)があやふやになってフェードアウトしてしまったり、停滞してしまう自体を軽減することができます。

    R:実行責任者(Responsible)

    業務(タスク)の実行に責任を持つ役割。誰よりも業務の実行に責任とリソースを割くことはもちろん、実行内容とその結果について、Aの説明責任者に報告する義務があります。

    また、業務の実行に際して知識や経験が不足している場合は、抱え込まずにCの相談先に相談します。

    A:説明責任者(Accountable)

    ユーザーや経営陣、取引先など企画運営に関わる人(ステークホルダー)へ、企画の進捗や現状について、説明できるという体制に責任を持つ役割。※説明できるということは、担当する企画の情報を吸い上げて整理するという管理的な業務に責任を持つということを意味します。

    また、説明責任者は全体の情報を集約している人物です。実行責任者が円滑に業務を実行するにあたり、無理を感じたら問題提起を行い、調整を行うという役割も担います。

    C:相談先(Consulted)

    業務の実行において、メンバーが円滑に企画を進めていけるよう、業務の実行を支援・アドバイスすることに責任を持つ役割。実行責任者から相談があった場合は、問題課題の全体像を可視化し、促進するための問いとプランニング(解決策の設計)を支援します。

    I:報告先(Informed)

    企画の進捗や業務の状況を受け取ることに責任を持つ役割。逆に言うと、最低限報告を行うべき人物を指します。

    ※相談役と報告先の違いについてですが、業務の実行前(プランニング段階)や実行中に相談するのが相談者、業務完了後に報告するのが報告者というニュアンスの違いがあります。

    テンプレート

    業務の責任者を可視化・共有するフレームワーク「RACI」とテンプレート

    さて、今回ピックアップさせていただいたフレームワークRACIについて、パワーポイントで作成したテンプレートを掲載させていただきます。行や列の数など、目的に応じてご活用ください。

    業務の責任者を可視化・共有するフレームワーク「RACI」とテンプレート

    列要素(一番上の行)にはメンバー名や役職名を、行要素(一番左の列)には業務名やプロジェクト名を記載。クロスする各マスの中に「R」や「A」などの頭文字を入れていきます。この時、一人で二つの責任者になる場合もあり、その場合は「R/A」などの表記を行います。

    テンプレートRACI

    おわりに

    以上、業務の責任者を可視化・共有するフレームワーク「RACI」とテンプレートについてでした。企画運営中に生じる課題に対する解決策やノウハウ、ツール、情報など、今後も配信していきたいと思っております。

    それでは、本日もここまでお読みいただきありがとうございました。よければこちらも合わせてお読みください♪

    関連記事WEB会議・テレビ会議ができるおすすめのサービス6選

    おすすめ本ティール組織――マネジメントの常識を覆す次世代型組織の出現

    スポンサーリンク
    合わせて読みたい記事
    トップへ戻る