企画書作成に使える無料テンプレート一覧

価値提供のプロセスを分解して改善するバリューチェーン分析

価値提供のプロセスを分解して改善するバリューチェーン分析

こんにちは!ひらめき編集部の宮田です。本日は、自社がお客様へ価値を提供するまでの各活動プロセスを分解して分析する手法「バリューチェーン分析」についてピックアップしています。

自社事業の分析はもちろん、他社事業の分析にも活用することが可能です。マーケティング担当者の方、自社事業の改善策を考えようとしている方など、ぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

バリューチェーンについて

バリューチェーンとは

価値提供のプロセスを分解して改善するバリューチェーン分析

バリュー・チェーン(Value Chain)とは、企業がお客様へ価値を提供するプロセスの連鎖を可視化したものです。そして、バリューチェーンの各プロセスが生み出している価値やそこにかかっているコストを分析し改善していく手法を「バリューチェーン分析」と呼びます。

事業運営のプロセスにおいて、どこに成功要因があるのか?またはどこに排除すべき(効率化すべき)要因があるのか?を可視化する際に役に立ちます。

バリューチェーンではプロセスを大きく二つの分類で考えます。その二つというのが「主活動」と「支援活動」です。以下でその該当範囲について触れておきます。

主活動

価値提供のプロセスを分解して改善するバリューチェーン分析

価値を生み出してお客様のもとへ届けるまでの直接的な活動プロセスを「主活動」と呼びます。仕入れ(図中では購買部分)から商品サービスを提供した事後フォローまで、直接的に価値提供に影響を及ぼす要素が該当します。

チェックポイント例

<全般管理>
経営企画や財務、経理など、事業全体に関わる活動プロセスについて。

<人事管理>
人事や労務、組織に関わる総務に関して。スタッフの採用から育成、給与などの報酬制度設計、福利厚生の整備などに関する活動プロセスについて。

<技術開発>
商品サービスの設計や開発に関する活動プロセスについて。

<調達活動>
社外からモノやサービスを購入する活動、外部との交渉活動プロセスなどについて(※)。

※後述する購買物流が商品サービスの素材を購入する「仕入れ」にあたるのに対し、調達活動は例えば作業用のPCを購入する、テレビ会議システムを導入するなど社内への投資要素が該当します。

支援活動

価値提供のプロセスを分解して改善するバリューチェーン分析

主活動を支えるための活動プロセスを「支援活動」と呼びます。これには組織の内部的な活動が含まれます。例えば福利厚生が整っているなどは採用において優位である場合が多く、採用という点で見ると強みとなります。

このようなお客様への価値提供においては直接的に関与しないものの、価値提供を行うためのベースとなるような要素が該当します。

チェックポイント例

<購買物流>
部品や材料などの「仕入れ」からそれらの「管理」「配送」などに関わる活動プロセスについて。

<製造>
実際に商品サービスを作成(加工)するプロセスについて。ここには作成する具体的な加工プロセスおよび、それらの工程を管理する現場のオペレーションなども含みます。

<出荷管理>
完成品である商品サービスをお客様に届けるまでの物流に関して。在庫管理などもここでチェックします。

<販売・マーケティング>
商品サービスをどのようなパッケージ(価格など)に設定するのかといった4Pなどのマーケティング要素、どのように認知してもらい関心を持ってもらうのか?という広報・PR的要素に関する活動プロセスについて。

<サービス>
お客様へのアフターフォロー的な要素が該当します。例えば導入支援やお問い合わせ対応、メンテナンス対応などの活動プロセスについて。

業種によって主活動は異なる

バリューチェーンはもともと製造業を中心として考えられた手法であるため、自社に合わせて主活動部分を編集して活用する必要があります。

価値提供のプロセスを分解して改善するバリューチェーン分析

業種や業界、規模、戦略によって主活動のプロセスは変わってきます。自社の価値提供プロセスを一度、分解して明確化して見ましょう。

バリューチェーン分析について

バリューチェーン分析とは?

ここまではバリューチェーンとは何か?について紹介してきました。企業や組織が顧客に価値提供を行う各プロセスを分解して捉えるということがポイントでした。

上述したバリューチェーンを活用し、自社事業の教養優位性を検討したり、改善点を模索していく手法がバリューチェーン分析となります。

バリューチェーン分析の流れ

分析対象のバリューチェーン(主に主活動)を可視化する

価値提供のプロセスを分解して改善するバリューチェーン分析

分析の第一歩目はバリューチェーンの把握です。上述しましたが、バリューチェーンは元々、製造業をベースにして考えられているため、その他の業種の場合、主活動部分を調整する必要があります。そこで、まずは分析対象となる業界(自社が勝負する業界)における主活動の構成を把握します。

本記事ではパワーポイントデータを最後に掲載していますが、最初はホワイトボードや大きな紙に付箋を使って書き出すのがオススメです。

各活動について情報を収集していく

価値提供のプロセスを分解して改善するバリューチェーン分析

次に、各活動の詳細な情報を収集して整理して行きます。この時、「製造」などの抽象度だと、具体的な情報を集めるのが難しいため、それぞれの活動をもう一段階小さいプロセスに分解して考えると便利です。

例えば「製造」という活動を「部品加工」「組み立て」「検品」というプロセスに分解し、それぞれの特徴や強み(競争優位性)を書き出していくというイメージですね。

改善点を可視化して背策を練る

自社、そして競合となる企業について、上記のようなバリューチェーンに関する情報を収集できたら、各企業が持っている強みを俯瞰した上で、自社がどのような強みを磨いていくべきなのか?そのために何をしていくべきなのか?について考えて設計します。

フレームのテンプレート

今回ピックアップさせていただいたバリューチェーン分析について、パワーポイントで作成したテンプレートを掲載させていただいております。目的に応じて編集し、ご活用ください。

テンプレートバリューチェーン分析

おわりに

以上、価値提供のプロセスを分解して改善するバリューチェーン分析についてでした。自社の競争優位性を検討する際や、方向性を検討する際など、ぜひ一度各社のバリューチェーンをチェックして見てください。

なお、バリューチェーン分析は自社事業・他社事業共に対象として活用することが可能ですが、実際には単体の事業ではなく、業界内で複数の事業のバリューチェーンを可視化して比較することで真価を発揮します。

価値提供のプロセスを分解して改善するバリューチェーン分析

上図のように一覧でポイントを整理して比較する際のフレームも合わせて、ダウンロードデータの中にアップさせていただいておりますので、ぜひ自社と合わせて、競合となり得る企業をいくつかピックアップして分析して見てください。

また、バリューチェーン分析は、そのほかの分析系フレームワークに応用されることも多く、合わせて活用することでより分析業務を有効に行うことができます。ぜひ下記の手法と組みわせて活用してみてください。

関連記事自社の持つ強みを分析するフレームワーク「コア・コンピタンス分析」

関連記事競合分析や自社の戦略立案に活用したい「4P+誰に何を分析」

関連記事自社の経営資源について分析するフレームワークVRIO分析のテンプレート

スポンサーリンク
合わせて読みたい記事
トップへ戻る