企画書作成に使える無料テンプレート一覧

便利サービスまとめ!無料から活用できるWEBツール20選

便利サービスまとめ!無料から活用できるWEBツール30選

こんにちは!ひらめきEX編集部です。本日は知っておくと便利な無料から活用できるWEBツールについてピックアップしてみました。プロジェクトの推進、販促の際など、日々のお仕事や活動の中で活用する方法を共に探究していければ嬉しいです。

プロジェクト運営系

チャットワーク

スクリーンショット 2017-05-26 0.47.02
画像元:チャットワーク

タスク管理ツールの大御所。グループを組んでタスクを割り振ったり、タスクの進行状況を随時メモで残せたり、期限管理を行ったりと、タスク管理におけるあらゆる機能を備えていて便利。弊社でも使っています。

Dropbox

スクリーンショット 2017-05-26 16.53.07
画像元:Dropbox

オンラインストレージサービスと呼ばれる、WEB上にデータを保存・管理・共有することのできるサービスのど定番Dropbox。プロジェクトチーム内の共有しておきたいデータなどを入れておくのに便利です。

GoogleDrive

スクリーンショット 2017-05-26 16.53.28
画像元:GoogleDrive

こちらもオンラインストレージサービスの有名どころ。筆者の宮田はGoogledriveを使っています。Googleの提供するその他のサービス(スプレッドシートやGoogleフォームなど)を普段から使っている人はこちらの方が便利かも。

todoist

スクリーンショット 2017-05-26 0.32.36
画像元:todoist

todoistは「todo(やること)リスト」を直感的に分かりやすく、シンプルに管理するためのtodo管理ツールです。PCおよびスマートフォン、タブレットでいつでもどこでもtodoを分かりやすく整理・確認可能で、会社、学校、サークルなどなどあらゆるシーンで活用することができます。

さらに、このtodoistが便利なのは、Googleカレンダーと同期可能というところ。
関連記事:TodoistとGoogleカレンダーが相互同期可能に

Trello

スクリーンショット 2017-05-26 0.53.11
画像元:Trello

引き続きタスク管理で人気かつ有名なツール。メンバー間のタスク共有やグループ分けなど基本的な機能を実装。特徴としてはボードのような視覚的なUIだというところ。直感的にタスクを俯瞰しやすいところが魅力的。

また、GoogleChromeの拡張機能を活用することによって、trelloにガントチャート機能を付加することも可能。
関連記事:ガントチャート作成サービス「Elegantt for Trello」がプロジェクト管理に便利

Slack

スクリーンショット 2017-05-26 16.49.26
画像元:Slack

チャットサービスで爆速的に伸びているのがSlackですね。外部のサービスとの連携や保存・共有機能、ストレスのないリアルタイムでのコミュニケーション感などが特徴で、IT系企業での導入を筆頭に、あらゆるプロジェクトチームで活用が進んでいるWEBツール。

Zoom

スクリーンショット 2017-05-26 16.56.18
画像元:Zoom

オンライン会議ツールのZoom。Skypeなどのオンライン通話サービスに、録音機能やホワイトボード機能、グルーピング機能などが付加された便利なサービス。弊社でもオンラインミーティングは最近Zoom一択となってきています。

CREATIVE SURVEY

無料で使えるWEBツール
画像元:CREATIVE SURVEY

誰でも簡単にオンラインアンケートが作成できるWEBツール。プロジェクトチーム内での活用、お客様の声収集のための活用などなど利用用途は多岐に渡ります。収集した回答結果を自動で集計・管理・グラフ化してくれるのでとても便利。

情報発信系

Eight

無料で使えるWEBツール
画像元:Eight

マーケティングの基本となるDB(データベース)管理の入り口である名刺の管理を任せられるサービス「Eight(エイト)」。情報発信をしていくにあたり、発信先を管理するために必須のツール。

ペライチ

スクリーンショット 2017-05-23 15.28.47
画像元:ペライチ

WEBページ作成ツール。1枚モノのページをつくることに特化したサービスとなっており、誰でも簡単に新商品発表やイベント告知のためのLP(ランディングページ)を作成することができます。

Wix

無料で使えるWEBツール
画像元:Wix

こちらはWEBサイト作成ツール。HTMLやCSS、サーバーに関する知識がなくてもドラッグ&ドロップとテキストの流し込みでおしゃれなWEBサイトを立ち上げることができます。数ページに及ぶWEBサイトを自分で立ち上げたいという時にオススメ。

Tumblr

スクリーンショット 2017-05-26 17.00.46
画像元:Tumblr

ブログを立ち上げることのできる無料ツールです。おしゃれなデザインのテンプレートが多く存在するところが特徴で、写真や映像のポートフォリオとして活用されることも多い。

AmebaOwnd

スクリーンショット 2017-05-26 16.48.55
画像元:AmebaOwnd

ホームページ、ブログ、メディアが専門知識を持っていなくても簡単に作成できるサービス。スマホサイトも完全対応で、ブログ運営の際に必要な機能を幅広く完備しています。

Slideshare

スクリーンショット 2017-05-23 15.41.12
画像元:Slideshare

WEB上にプレゼンテーションスライドをアップロードできるWEBツール。商品説明や詳細プロフィールなど、それなりにボリュームのある情報を伝えたい時にオススメ。Linkedinと連携しているので、自身のポートフォリオ的に使用することも可。

YouTube

スクリーンショット 2017-05-26 16.57.41
画像元;YouTube

言わずと知れた動画配信プラットフォーム。YouTuberなどの個人メディア化・企業のプロモーション動画の配信、オンライン学習コンテンツなど、映像に関する情報発信の際に活用できる定番ツール。

決済機能系

Peatix

無料で使えるWEBツール
画像元:Peatix

イベントの告知フォーム兼受付フォームを作成するサービスとして普及したPeatix。セミナーなどの告知ページを誰でも簡単に作成できるので便利です。オンライン決済のため、当日集金する必要もなく、やるべきことに集中できるのでオススメ。

BASE

スクリーンショット 2017-05-26 16.58.56
画像元:BASE

誰でも簡単にオンラインストアをつくることができるWEBツールBASE。決済手数料がシステム利用料として差し引かれますが、初期費用は0円で自分のオンラインストアを開設することが可能です。

STORES

スクリーンショット 2017-05-23 15.47.44
画像元:STORES

こちらも同じくオンラインストアを立ち上げることのできるツールstore。2分で作れる、というメッセージは伊達じゃなく、簡単操作がオススメのポイント。

Synapse

スクリーンショット 2017-05-23 15.56.00
画像元:Synapse

オンラインでサロンを無料開設・運営することができるプラットフォーム。政治から家事、ビジネスまで様々なスキルや経験、コミュニティを持った人がサロンを開設しています。(※サロン開設の審査あり)

note

スクリーンショット 2017-05-23 15.52.52
画像元:note

オンラインマガジンを誰でも簡単に作成できるWEBツールです。ブログのような使い勝手で、無料記事・有料記事などを設定することができます。

何のために活用するのか

ひとまず無料で使えるWEBツールのピックアップは以上とさせていただきます。本記事でピックアップしてきたWEBツールは数あるツールの中のほんの一部です。今後も随時情報をブラッシュアップしていきたいと思っています。

これらのツールはプロジェクトの生産性を高めてくれたり、プロモーションを行っていく上で多大なる力を貸してくれる便利なツールです。しかし一方で、こういったツールはただ導入すれば良いというものではありません。

むしろ、ツールを導入するということはそこに使う時間的コストが発生します。「誰に、何を届けるのか」「戦略、戦術、目的・目標は設計、共有されているか」などなど、木を見て森を見ずの状態にならないように常に全体を俯瞰しながら運用していきたいですね。

今後ひらめきEXではプロジェクトの設計や運営に関する全体設計、およびこういったツールの活用事例なども配信していけたらと思っています。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

お知らせ

最後にお知らせさせていただきます。本記事でピックアップさせていただいたようなツールを活用して成果に結びつけていくために、ということでZoomを活用した常用交換セッションを行います。

ぜひこちらも合わせてチェックしてみてください。
【zoomセッションモニター募集のお誘い】初回テーマ:無料で使えるwebツールの活用について

トップへ戻る