企画書作成に使える無料テンプレート一覧

ビジネスフレームワークを使った事業アイデア発想ワークショップ開催【大阪】

ビジネスフレームワークを使った事業アイデア発想ワークショップ開催【大阪】

こんにちは!ひらめき編集部の宮田です。8月末にビジネスフレームワーク図鑑を刊行し、現在3刷となりました。これもひとえに、手に取ってくださった方、書籍のご紹介をくださった方をはじめ、ひらめきEXを応援してくださる皆様のおかげです。いつもありがとうございます。

この度、スタートアップカフェ大阪さまにお声がけいただき、ビジネスフレームワークを活用したワークショップを開催させていただく運びとなりました。本日はその内容についてお知らせさせていただきます。

チケットを申し込む

開催ワークショップについて

ワークショップの主なテーマ

今回のワークショップのテーマは事業の”成長アイデア発想”です。

新しい事業や商品・サービスのアイデアを考えるものの、何から考えれば良いか分からない…。突拍子もないものになり過ぎて実現できない…。漠然とトレンドを取り入れるだけになってしまう…。など、上手くアイデアが発想できずにモヤモヤすることはないでしょうか。 

そのような悩みを解決するためのヒントを掴むため、ビジネスフレームワークを用いて、現在展開している事業(または展開しようと想定している事業)について、改めて見つめ直し、新たなアイデアの可能性を探ります。

ワークショップのメインテーマ
・フレームワークを活用して、新商品サービス・事業のアイデアを考える
・起業や新規事業のアイデア発想を行うための視点を掴む

例えばこんなことを考えます

現在、誰に何を提供しているか?

ビジネスフレームワークを使った事業アイデア発想ワークショップ開催【大阪】

現在、自分は誰に何を提供しているか(あるいは提供しようと考えているか)。「誰に」とは既存事業の顧客のことです。自分たちの顧客は誰か?どのような人物か?そして、その人物はどんな「ニーズ(需要)」を持っているか?について改めて考えてみます。

そして、その顧客のニーズを満たすため、「何を」提供しているのか。この「何を提供するのか」にあたる方法論こそが「製品」であり、商品・サービス、それらの群である事業となります。

ビジネスフレームワークを使った事業アイデア発想ワークショップ開催【大阪】

この記事をお読みいただいている方も、例えば上図のような表を頭にイメージし、「誰に(市場・顧客)」「何を(製品)」提供しているのかを書き出してみてください。

市場(顧客)と製品の組み合わせを変えてみると?

ビジネスフレームワークを使った事業アイデア発想ワークショップ開催【大阪】

さて、書き出した市場(顧客)と製品の組み合わせを変えてみるとどうでしょうか。新しい事業や商品・サービスのアイデア発想の手法や視点の持ち方は多数存在しますが、今回はこの「市場(顧客)と製品の組み合わせを変えてみる」というアプローチを中心として、アイデアを考えます。

ビジネスフレームワークを使った事業アイデア発想ワークショップ開催【大阪】

例えば上図のように、市場(顧客)と製品のそれぞれに「既存・新規」の要素を加えたマトリクスを考えてみます。すると、新しい市場(顧客)に展開するか、新しい製品を考えるか、といった部分的な制約を設けることで、アイデアが考えやすくなります。

11月7日のワークショップ当日は、上記の手法について2時間という短い時間ではありますが、基本的な活用法や、提唱者であるH.I.アンゾフがどのような背景の中でこのマトリクスを生み出しのかなどのトピックについてもシェアできればと考えております。

このような方にオススメです

上記のような内容についてご関心のある方は、ぜひご参加くださいませ。アイデアを発想する際に重要な役割を果たす「他者からの視点」。普段話さないメンバーと交わり合いながら行うワークショップだからこその発見があることかと思います。

全ての方にご参加いただくことが可能ですが、下記のような方に特にオススメです。

オススメの対象者
・起業のためのビジネスアイデアを考えている
・社内で新規事業や新商品サービスのアイデアネタを考えている
・上記のようなアイデアを考えているものの苦戦している

開催概要

日時 2018/11/07(水) 19:00-21:00
定員 60名
チケット 3,000円(入場チケット+ビジネスフレームワーク図鑑1冊+ドリンク)
2,000円(入場チケット+ドリンク)
※ビジネスフレームワーク図鑑1冊は当日の受付時にお渡しします。
参加特典 ①イベント参加者限定のアイデア整理テンプレート(PowerPoint)
②イベント当日のスライド(PDF)
お申し込み方法 専用フォームから事前お申し込み
会場 関西大学梅田キャンパス 4階MeRISEラボ[MAP]

チケットを申し込む

ファシリテーター情報

小野 義直 Yoshinao Ono

株式会社アンド代表取締役。大学卒業後、6年間勤めた広告代理店の倒産を機に独立。仮説検証と実践サイクルをスピーディーにまわし、段階的に完成度を高めていくことを強みとする。これまで小売・サービス業を中心として構造設計からコミュニケーション戦略構築まで1,000社以上を支援。幾多のプロジェクトを支援する中でプロジェクトリーダー養成と組織開発の重要性を感じ、現在は個人と組織の変容支援にも従事している。

宮田 匠 Takumi Miyata

株式会社アンド取締役。広報PR・WEBマーケティングにおける業務全般を担当する。自社運営サイト『ひらめきEX』にて、企画書の書き方やビジネスフレームワークの活用法に関する情報配信を担当。現在は言葉と思考の関係性に関心を持って探究中。

おわりに

以上、ビジネスフレームワークを使った事業アイデア発想ワークショップ開催【大阪】についてでした。

自社事業全体のポートフォリオについて考えたい方、新規事業のアイデア提案を担当されている方、これから起業するアイデアを考えている方、新商品・サービスを考えている方など、個人・またはお仲間をお誘いの上、奮ってご参加いただければ幸いです。

なお、今回の記事の中で登場した市場-製品のマトリクスは「アンゾフの成長マトリクス」というフレームワークであり、下記の記事で内容を紹介しておりますので、よければ合わせてチェックしてみてください。

こんにちは!ひらめき編集部です。今回は事業の成長戦略を考えるフレームワーク「アンゾフの成長マトリクス」についての...

チケットを申し込む

編集部から本が出ました
ビジネスフレームワーク図鑑
合わせて読みたい記事
トップへ戻る