ビジネスフレームワークの活用力を高める!0213ワークショップ内容紹介|前編

こんにちは!ひらめき編集部の宮田です。今回は、2月13日に開催させていただいたフレームワーク思考探究ワークショップの内容を紹介します。問題解決の思考、ビジネスフレームワークに関心のある方はぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

ビジネスフレームワークを有効に活用する

ビジネスフレームワークとは

フレームワークとは「思考の枠組み」のことを意味します。先人たちが経験と試行錯誤の中から導き出した、目的達成のための思考の型を意味します。複雑な情報を構造化して整理し、論理的に考えることを支援してくれる思考ツールです。

補足
※フレームワークの中でも、特にビジネスシーンで活用されるフレームワークのことを「ビジネスフレームワーク」と呼びます。

フレームワークの例:3C

ビジネスフレームワークの活用力を高めよう【0213ワークショップ内容紹介(1/2)】

ビジネスフレームワークの代表的なものの一つに「3C」があります。3Cは、顧客(Customer)・自社(Company)・競合(Competitor)の3つの要素から、組織の置かれている競争環境を分析するフレームワークです。事業戦略やマーケティング戦略を立案する際に活用します。

思考の比較

ビジネスフレームワークの活用力を高めよう【0213ワークショップ内容紹介(1/2)】

例として「3C」をピックアップしましたが、例えば「競合環境を調査しよう!」とだけ言われるよりも、「顧客・自社・競合」に焦点を合わせて情報を集めようとする方が、思考の解像度を高めてアクションを行うことができます。

ザクっと言えば、こうした違いがフレームワークを活用する思考の強みです。以下、フレームワークを活用するメリット・デメリット(注意点)について、触れておきましょう。

フレームワークを活用するメリット

1.思考すべき点の明確化(時間短縮)

成功パターンや要点に絞って思考を行うため、より直線的にアウトプットまでたどり着くことができます。あれこれと考える(考えてしまう)状況に比べると、時間を短縮し、捻出した時間でさらに次のステップのことを考えることができます。

2.再現性の向上

フレームワークに沿って思考を進めることで、アウトプットの再現性を向上させることができます。一つの論点に対してバラバラの思考を行なってしまうということを避け、適切な内容に適切な思考を行うことをサポートします。

3.メンバー間の共通認識

何を考えるか、その上で何を変数とするか、どうまとめるか、といった思考の項目を複数人のメンバー間で共有できます。特定の概念やアプローチに対する認識を揃え、共通認識・共通言語を作り出します。

よりクリエイティブな思考に資源を集中させる

ビジネスフレームワークの活用力を高めよう【0213ワークショップ内容紹介(1/2)】

フレームワーク活用のメリットとして「時間短縮」を挙げましたが、ここで推したいのは「思考量を減らす」ことではありません。ベースとなる思考を短い時間で達成し、より創造的な思考を必要とする領域に資源を集中させる、言わば「思考の最適化」を推したいと思っています。考えるべき領域を明確にすることで、迷子にならずに具体的な内容の思考に集中し、捻出した時間を活用してクリエイティブな思考を行います。

フレームワークを活用する際の注意点

目的を間違えると出力も間違える

フレームワークはそれぞれ、何らかの目的に基づいて存在する「思考ツール(手段)」です。前提となる目的を間違えてしまう、あるいは目的を把握せずに使用しようとするとアウトプットの内容が適切でないものになってしまいます。活用の目的を明確化し、その目的に合ったフレームワークを選定する力が必要です。

そのままでは思考の深さに限界がある

フレームワークは過去の先人たちが試行錯誤する中で得た、数多の研究結果や理論、成功と失敗のパターンから抽出された汎用的なツールです。そのため、個別の具体的な状況に適用するには抽象的な状態なので、自分たちの個別の状況に当てはめるための最適な形や考え方を探していくことが必要となります。

前提理解の欠如(応用力の不足)

フレームワークそれぞれに存在する前提や背景をスキップして使用してしまうことができます。これは、フレームワーク活用のメリットでもあると同時にデメリットにもなり得ます。前提の理解が不足することによるデメリットは、応用力の低さにあります。より広く応用していくためには、フレームワークの背景にある情報の理解にも挑戦したいところです。

フレームワークのWhy-What-Howを考える

ビジネスフレームワークの活用力を高めよう【0213ワークショップ内容紹介(1/2)】

フレームワーク活用のメリットとデメリット(注意点)について触れてきました。メリットを活かし、注意点を克服するために何ができるか。その一つの方法は「フレームワークについて理解を深めること」です。そして今回は、フレームワークそれぞれの「Why・What・How」について、理解を深めていこうというのが論点です。

ビジネスフレームワークの活用力を高めよう【0213ワークショップ内容紹介(1/2)】

フレームワークを取り入れようとする際、Why(何のための手法か)・What(何をする手法か)・How(使用方法/手順)をそれぞれチェックしてみます。Whyに向かうほど抽象的な概念を、Howに向かうほど個別具体的な情報を扱うことになります。Whyだけ、Howだけに止まることなく、Why⇆What⇆Howを連動した情報として取り込むことが、フレームワークの活用力を向上させます。

How(使用方法/手順)のみに終始してしまうパターン

ビジネスフレームワークの活用力を高めよう【0213ワークショップ内容紹介(1/2)】

フレームワークの概念や活用目的には触れず、ハウツーのみ取り入れようとするパターン。もちろんそういった活用でもメリットを享受することは可能ですが、それでは短期的なメリットしか得られず、長期的・応用的な効果を得るのが難しくなります。

What(何をする手法か)・How(使用方法/手順)を理解するパターン

ビジネスフレームワークの活用力を高めよう【0213ワークショップ内容紹介(1/2)】

How(使用方法/手順)だけでなく、What(何をする手法か)を正確に理解して活用するパターン。Whatとは、一体そのフレームワークは何なのか?どんな機能を担うものなのか、どんな構造を持っているのかをしっかりと把握するものです。WhatとHowが連動していると、各フレームワークを方法論レベルでは使いこなすことができます。

WhyからHowまでを連動して理解できるパターン

ビジネスフレームワークの活用力を高めよう【0213ワークショップ内容紹介(1/2)】

Why(何のための手法か)・What(何をする手法か)・How(使用方法/手順)のそれぞれについて理解し、かつそれらの情報が連動して紐づいている状態。これが、筆者の理想として推したい状態です。

各フレームワークの活用目的、存在する目的や理由、前提となる知識、これらを合わせてインプットすることによって、各フレームワークの活用力を高めるほか、異なる状況にも既存のフレームワークを応用して対処することが可能になります。

活用しながら多面的な理解を深める

ここまで、フレームワークの基本概念、メリット・デメリット(注意点)、理解促進のための「Why・What・How」について触れてきました。

理想としては「Why」を正しく理解した上での活用ですが、初見でWhyを理解するのは難しくもあります。ですので、ある程度の目的を自分の中で意識してフレームワークを選定し、WhatとHowを明確に捉えることを意識しつつまずは活用してみます。

実際に活用する中で、振り返りを行いながら、その存在目的や背景への理解を深め、自身の状況に合ったベストな活用法を模索していきましょう。今回のポイントは、「なんとなくフレームワークを使ってみる」だけでなく、「Why・What・Howを意識的に理解し、より効果的にフレームワークを活用しよう」という点です。

おわりに

以上、ビジネスフレームワークの活用力を高める!0213ワークショップ内容紹介|前編についてでした。今回は内容紹介前編ということで、フレームワークの「理解促進」がテーマでした。後編では、さらに理解を深め、活用力を高めるため「オリジナルのフレームワークを考える」というテーマで内容を紹介しています。

こんにちは!ひらめき編集部の宮田です。今回は、2月13日に実施した「フレームワーク探究ワークショップ」の内容を紹介します...

ビジネスフレームワーク図鑑好評発売中

ビジネスフレームワーク70種の活用法を紹介した書籍「ビジネスフレームワーク図鑑」、好評発売中です。2018年8月発売開始から半年、おかげさまで6万部突破まできました!こちらも合わせてチェックしてみていただけると幸いです。

こんにちは!ひらめき編集部です。2018年8月、ひらめき編集部から書籍『ビジネスフレームワーク図鑑』を出版させて...
スポンサーリンク

\ シェアいただけると喜びます!! /

合わせて読みたい記事
この記事を書いた人
トップへ戻る