宮田 匠 Takumi Miyata記事一覧

【企画書の書き方】企画書の基本構成

企画の種類によっても変わってきますが、基本的な構成要素は決まっています。やはり企画書の全体像を把握しておくと、「今回はココとココに力を入れよう!」と、企画書の構造がつかめ、作業効率が非常に高まります。

企画書作成における「調査」について

前ページの現状の問題点と課題にて出た仮説を検証するためのデータが調査です。調査というとマーケティングリサーチとかネットリサーチの外部委託もありますが、実際に企画する人が足を使いヒアリングすることも重要です。

「企画の狙い」の書き方

調査結果から本来どんなベネフィットをお客様が求めているのか?そして、誰に対して販売するのかをしっかり絞り込むことが遠回りのように見えて、実は最短での企画の成功へとつながります。

企画書の「はじめに」の書き方

”はじめに”のページでは、この企画を実践する趣旨を明確に伝える必要があります。なぜこの企画が必要なのか?そして、この企画がなぜ優れているのか?そのポイントがこのページで記載されます。

企画書の体裁について

ここ一番のプレゼンの場合、やはり体裁もこりたいところ。通常であればホチキス止めが一般的ですが、ホチキスひとつとっても左上1点で止めるのか、左サイド2点で止めるかでもプレゼンの場でのちょっとした間の取り方に響いたりします。

「広告宣伝企画」の書き方

WEBやFAX、メールに提案書、そして営業用の企画書など、各種ツールにはそれぞれ役割が決まっていて、望むべき効果もそれぞれ違います。

【企画書の書き方】問題と課題の書き方

現状何かしら問題点があるからこそ、その改善策として企画が必要になります。問題点の把握は鳥の目虫の目でさまざまな角度から調査を重ねて問題の本質をつかみます。

トップへ戻る