思考整理やアイデア発想で役立つ2軸思考【思考法】

思考整理やアイデア発想で役立つ2軸思考【思考法】

こんにちは!ひらめき編集部の宮田です。今回は問題解決の場面における思考を促進する、2軸思考についての投稿です。

思考がごちゃついて整理できず困っているという方、アイデア発想の幅が狭まっているので拡張したいという方などはぜひ、チェックしてみてください。

スポンサーリンク

2軸思考について

2軸思考とは?

2軸思考とは、縦軸と横軸2つの軸を用いることで、情報を整理・把握する思考法です。フレームワークの中でも2軸型の思考ツールは多数用いられていることもあり、問題解決に取り組む上でぜひマスターしたい思考法となります。

2軸思考のメリット

2軸で考えることのメリットは、大量の情報でごちゃごちゃした頭の中をクリアにすることができます。問題解決やアイデア発想に取り組む際、複雑な情報を複雑なまま考えるのではなく、スッキリした情報に整理して思考を始めることができるのがメリットです。

2軸思考の主な様式

さて、そんな2軸思考ですが、具体的に方法論を大きく分類すると「マトリクス型」「4象限型」「グラフ型」の3つに分類されます。思考の目的によってこれら3つを使い分けていきます。

思考整理やアイデア発想で役立つ2軸思考【思考法】

以下、3つの思考法についてそれぞれ見ていきましょう。

マトリクス型

マトリクス型は、Excelのように縦軸と横軸によって生成される枠の中に情報を整理していく思考法です。全体像を俯瞰することができるのが魅力です。例えば、下図のような競合調査シートはマトリクス型に該当します。

思考整理やアイデア発想で役立つ2軸思考【思考法】

これはマーケティングのフレームワークである「4P」を縦軸に、競合のリストを横軸に取ったモノとなります。むやみに情報を集めるよりも、このように全体像、つまりは考えるべきことの一覧を考えた上で、調査に入る方が思考はクリアになります。詳しく見たい場合には下記の記事を参照ください。

こんにちは!ひらめき編集部の宮田です。本日はマーケティングや企画立案の基本となるフレームワークの一つ「4P」につ...

4象限型

4象限型は、各情報の全体における位置付け(ポジション)を可視化でき、情報のバラつ具合を見たり、情報と情報を比較しやすくなるメリットがあります。

思考整理やアイデア発想で役立つ2軸思考【思考法】

例えば上図は、縦軸に顧客の嗜好性、横軸に価格設定について軸を取り、商品設計やマーケティング施策を考えようとするモノです。詳しく見たい場合は、下記の記事を参照ください。

こんにちは!ひらめき編集部の宮田です。本日は商品やサービスのポジションをどう取るか?を検討する際に役に立つ手法「...

グラフ型

グラフ型は、売上状況の資料化などにもよく用いられるモノで、変化を可視化することに長けた2軸思考です。

思考整理やアイデア発想で役立つ2軸思考【思考法】

時系列での変化のほか、担当者別の営業件数や、部門別の問題発生件数など項目別の変化を見るにもグラフは活用でき、幅広く応用されるものです。例えば、下記の記事で紹介しているパレートの法則を考える際にも、グラフ型の2軸思考が用いられていると言えます。

こんにちは!ひらめき編集部です。本日は課題整理や顧客分析の際に活用できる、パレート分析に関する考え方について投稿...

おわりに

以上、思考整理やアイデア発想で役立つ2軸思考【思考法】についてでした。何を考えるかを考えてから考える、これって案外見落とされがちですが、問題解決においては非常に重要なポイントとなります。

ただ漠然と思考を開始するのではなく、最も適切な思考領域を見極めてから思考するという能力を磨いてみてはいかがでしょうか。なお、2軸思考のエッセンスはフレームワークの活用とも親和性の高いものとなります。下記の記事もぜひ合わせてチェックしてみてください。

こんにちは!本日は思考法カテゴリ記事として、「フレームワーク思考」について投稿してみたいと思います。当サイトでも...
こんにちは!ひらめき編集部です。2018年8月、ひらめき編集部から書籍『ビジネスフレームワーク図鑑』を出版させて...

参考文献&オススメ書籍

スポンサーリンク

\ シェアいただけると喜びます!! /

合わせて読みたい記事
この記事を書いた人
トップへ戻る