資料デザインの配色について学べるオススメ書籍4選【企画書の書き方】

資料デザインの配色について学べるオススメ書籍4選【企画書の書き方】

こんにちは!ひらめき編集部の宮田です。今回は企画書資料のデザインを行う際に意識しておきたい一つのポイント、「配色」についてのオススメ本をピックアップしています。

企画書や提案書を作成していて、資料のデザイン段階に入っている方はぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

企画書のデザインを考える際には配色にも気を配る

目的に合わせて色を活用する

企画書や提案書など、企画運営の場面で用いられる資料には必ず「読み手」が存在します。さらに、その相手に資料を読んでもらった結果として、促したい行動、つまり何らかの「目的」があるはずです。

そのために、資料を「読みたいと思ってもらうための努力」が欠かせません。その努力の内の一つが資料の「デザイン」であり、今回主題としている「配色」はそのデザインを構成する重要な一つの要素になります。

自分の好きな色を使うのではなく、読み手の属性や企画の持つ特色に合わせて、使用する色を考えるのが理想です。しかし、多くの場合「正しい色の使い方」を学ぶ機会というのは少ないので、何を基準に色を選べば良いのか?が分からないという問題が生じます。今回は、そんな問題にぶつかった時に手に取りたい書籍を紹介しています。

配色について学べるオススメの本

配色デザイン見本帳

配色の基本的な概念やルールをグラフィック付きで紹介した一冊。「配色」や「色」についての基礎知識をこれから勉強したいという人にオススメです。企画書の資料デザインに必要な配色の知識を十分に満たすことができ、たまにパラパラと見返すだけでもインスピレーションをもらうことができます。迷ったらまず本書を手にとってみて間違いないでしょう。

配色スタイルハンドブック

眺めているだけでも楽しい配色の本。本書は、ナチュラル、好奇心、ドリーミー、マジカル、フレッシュ、孤独などなど、表現したい目的に合わせて配色の見本、イラスト、写真を紹介している一冊です。配色についての知識はもちろん、「●●な雰囲気を表現したい」と思ったときに、そのイメージを探すのにピッタリです。資料作成の発想のヒントとして手元に持っておいて損のない一冊。

配色アイデア手帳 めくって見つける新しいデザインの本[完全保存版]

横長見開きタイプの配色本。左ページに色見本を掲載したパレット、右ページにその色を実際に使ったビジュアルイメージを掲載。配色の勉強、資料への活用、デザインの参考など、様々な用途で実践的に活用できるオススメの一冊です。

配色辞典

昭和時代に制作された書籍の復刻版。日本の美やおくゆかしさを感じさせてくれるオススメの配色本。348通りの配色見本をシンプルに紹介しており、書籍のサイズとしても文庫本サイズで持ち運びにも最適。

パワーポイントを用いた資料デザインについてのオススメ本

今回のメインテーマは「配色」についてですが、資料をデザインする上で欠かせないレイアウトなどの基本的な知識・スキルについての編集部オススメ本も合わせてピックアップしておきます。

伝わるデザインの基本 よい資料を作るためのレイアウトのルール

レイアウトやフォント、文字サイズ、行間、余白など、見やすく伝わる資料を作成するにあたり着眼すべきポイントが網羅された一冊です。企画書をはじめ、あらゆる資料作成において参考になる教科書的な存在。

PowerPoint資料作成 プロフェッショナルの大原則

こちらは2019年に入ってからリリースされた新しい書籍で、情報の設計に関する考え方からパワーポイントの操作方法までを丁寧に解説している一冊です。「パワーポイントを用いた企画書作成」を考えるのでれば、こちらも一読の価値があります。辞書的な存在なので、事務所に一冊置くのにも良いオススメ本です。

パワーポイントで任意の色を使用する方法

実際に活用したい色が決まったらパワーポイントでその色を反映する必要があります。その際、下図の捜査から任意の色を文字やオブジェクトに設定することが可能です。

資料デザインの配色について学べるオススメ書籍4選【企画書の書き方】_パワーポイント

まず、色を指定したいオブジェクトをクリックして選択した状態で、右上のアイコン「図形の塗りつぶし」→「その他の塗りつぶしの色」で出てくるタブのカラーコード入力部分に、自分の指定したい色のコードを入力するという流れです。

補足:企画書において最重要なのは企画内容

さて、今回は配色をメインとして企画書資料の「デザイン」がテーマでした。一点、配色やデザインは重要ですが、企画書で最も重要なのはその「内容」です。内容がしっかり考えられていなければ、どれだけデザインにこだわったところで成果を得ることは難しいでしょう。しっかりと企画を練った上で目的に沿って、デザイン、配色にも気を配ってみてください。

おわりに

以上、資料デザインの配色について学べるオススメ書籍【企画書の書き方】についてでした。編集部からのオススメ本関連記事については、よければこちらの記事も合わせてお読みください♪

こんにちは!ひらめき編集部です。本日は企画書作成の際に「企画書の書き方」について参考になる推薦本をピックアップし...
こんにちは!ひらめきEX編集部です。本日は思考整理や意思決定、会議運営など様々な場面で活用できる「ビジネスフレー...
こんにちは!ひらめき編集部の宮田です。8月にビジネスフレームワーク図鑑を刊行し、早くも2ヶ月が経過しました。思考...
こんにちは!ひらめき編集部の宮田です。皆さんは普段、どのくらい本を読みますか?当記事の筆者である私はというと、2...

ビジネスフレームワーク図鑑好評発売中

なお、手前味噌ではありますが、当サイトひらめきEXからも書籍をリリースさせていただいております。問題解決で活用できるビジネスフレームワークを70種紹介した一冊となっております。配色とは直接的には関係ないかもしれませんが、企画書の作成という意味ではご活用いただけるかと思います。よければこちらも合わせてチェックしていただけると幸いです。

こんにちは!ひらめき編集部です。2018年8月、ひらめき編集部から書籍『ビジネスフレームワーク図鑑』を出版させて...
スポンサーリンク

\ シェアいただけると喜びます!! /

合わせて読みたい記事
この記事を書いた人
トップへ戻る