企画書作成に使える無料テンプレート一覧

目的達成への貢献度が高い課題から取り組む【課題設定】

目的達成への貢献度が高い課題から取り組む【課題設定】

こんにちは!ひらめき編集部の宮田です。今回は課題の設定における「優先順位」のお話です。

いつも課題が溢れており、締め切りに間に合わないことが多いという悩みを抱えている方は、課題の取り組む優先順位について考えてみることで、その問題を解決できるかもしれません。ぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

目的達成への貢献度の高い課題はどれか?

貢献度の高い課題から取り組むのが定石

ビジネスの現場においては時間が限られており、より少ないコストで大きな結果を出すことが求められます。そこで基本的には、目的目標に対する貢献度が高い課題から着手するのが定石です。

単純にいえば、「年間1万時間を節約できるアイデア」と「年間100時間を節約できるアイデア」があったら、前者から着手するという具合です。(実際には複数の検討要素が出てくるのでもう少し複雑になる)

目的達成への貢献度が高い課題から取り組む【課題設定】

目的達成に貢献度の高い課題から取り組み余裕を持ちながら運営し、最終的には目標とするレベルを上回る成果を出せることが、望ましい形といえるでしょう。逆に、全体からするとそれほど重要ではない課題に夢中になり、最終的なゴールが達成できないという状況は避けるべきです。

しかしながら言うは易しでして、ついつい目の前の課題や通例の課題、自分の関心度が高い課題に必要以上の時間をかけてしまいがちです。こうした状況を避けるためにも、まずは全体としてどのような課題が存在しているのかを一覧化し、一つ一つの貢献度やコストを可視化してから、実際に課題に取り組むと良いでしょう。

課題の貢献度とコストを俯瞰して整理する

最終的な目的達成に向けてどのような課題が存在しているかを書き出したら、貢献度とコストのマトリクスを使って、それぞれの課題の優先度を考えていきます。

目的達成への貢献度が高い課題から取り組む【課題設定】

貢献度が高くコストも低いものに関してはすぐに実行し、重要度は高いもののコストが高いものについては、コストを下げる方法を検討してみます。

勘違いしてはいけないこととして、重要度が低い課題は実行しなくて良いという訳ではありません。あくまでも優先順位を設定するための考え方と捉えてください。課題の全体像を把握した上で、どのように実践していくことが、もっとも全体の達成度を高めるか?を考えてプランを組みます。

また、課題の優先度を考える際、貢献度やコストの他にも要素を加えて考える際に役に立つのが意思決定マトリクスですね。必要に応じてこちらもチェックしてみてください。

関連記事取り組む課題の優先順位を検討する意思決定マトリクスのテンプレート配信

フレームのテンプレート

目的達成への貢献度が高い課題から取り組む【課題設定】

今回紹介した上記のマトリクスについて、パワーポイントで作成してフレームのテンプレートを掲載しています。必要に応じてアレンジし、ご活用ください。

テンプレート貢献度/コストマトリクス

おわりに

以上、目的達成への貢献度が高い課題から取り組む【課題設定】についてでした。目の前の課題にいっぱいいっぱいで、最終的なゴールを達成できないという方は是非、課題の貢献度について考え、優先順位を設計してみてください。

それでは、本日もここまでお読みいただきありがとうございました。問題発見や課題設定について、こちらの記事も合わせてチェックしてみてください。

人気記事取り組む課題の概要を整理する!課題設定シートのテンプレート

人気記事重要度×緊急度のマトリクスで課題を分類する※テンプレート配信中

スポンサーリンク
編集部から本が出ました
ビジネスフレームワーク図鑑
合わせて読みたい記事
トップへ戻る