マクロ環境分析の切り口となるフレームワークPESTとSTEEP

マクロ環境分析の切り口となるフレームワークPESTとSTEEP

こんにちは!ひらめき編集部の宮田です。今回はマクロ環境を分析する際の切り口について投稿しています。

事業戦略や分析について考えている方は、避けて通ることのできないマクロ環境への理解と分析、ぜひ一度チェックしてみてください。

スポンサーリンク

マクロ環境分析の切り口

マクロ環境の分析とは?

マクロ環境とは、事業を取り巻く社会や経済的な要因などをまとめた外部環境のことを言います。自社を含めた業界内の企業によってコントロールすることのできない、大きな変化の要因が該当します。

自社の事業戦略を考える際、顧客や競合を見るだけでなく、マクロ環境を分析した上で、今何をすべきか、将来的に何をしていくべきかを考えます。以下では、そのマクロ環境を分析する際に活用できる切り口となるPESTとSTEEPについて紹介します。

PEST

Politics:政治
Economy:経済
Society:社会
Technology:技術

PESTはマクロ環境を分析する代表的なフレームワーク。政治・経済・社会・技術の4つの切り口で情報を収集して分析します。

政治とは、政府や行政の動き、経済とは景気動向や金融の動きなど。社会とは文化やライフスタイルの変化など、技術とは事業や世の中に影響を及ぼすような新技術を見ます。

関連記事PEST分析テンプレート配信

STEEP

Society:社会
Technology:技術
Economics:経済
Environment:環境
Politics:政治

上記のPESTに「Environment:環境」を加えた、STEEP。こちらもマクロ環境を分析するための切り口として有効ですね。地球温暖化や熱帯雨林の問題、砂漠化の問題など、環境問題に関する要因を考えます。

多面的な情報を収集する

さて、PEST、STEEPの2種類をピックアップしてきましたが、いずれの場合も多面的な情報を収集することがポイントです。各情報の幅は確保できているか、収集した情報は正しいのか、という視点を持ちながら情報を集めていくことが重要になります。

必要に応じて専門家を巻き込んだり、文献を調べるという努力が必要ですね。また、近年では技術の発展が非常に早いため、常にアンテナを貼っておくことも必要でしょう。

おわりに

以上、マクロ環境分析の切り口となるフレームワークPESTとSTEEPについてでした。マクロ環境の分析の際はぜひ意識してみてください。

それでは、本日もここまでお読みいただきありがとうございました。こちらの記事も合わせてチェックしてみてください。

人気記事業界の競争要因を可視化するファイブフォース分析

人気記事マーケティング調査・分析に使えるフレームワーク《11選》

スポンサーリンク

\ シェアいただけると喜びます!! /

合わせて読みたい記事
この記事を書いた人
トップへ戻る