ペルソナを設定したらその精度を検証しよう!主な情報収集の方法

ペルソナを設定したらその精度を検証しよう!主な情報収集の方法

こんにちは!ひらめき編集部の宮田です。マーケティングを実施するにあたり、ペルソナの設定は欠かせない工程となっています。当サイトでもペルソナの設定に関する記事は過去に投稿しています。(記事:明確なターゲット像を設定する!ペルソナシートの書き方とテンプレート【ダウンロード可】

ペルソナは一度設定して終わりではなく、磨いていくものです。今回は、設定したペルソナの精度を高めるための情報収集の方法について投稿しています。マーケティングに取り組みたいと考えている方はぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

設定したペルソナは磨く

最初に設定したペルソナはあくまでも「仮説」

ペルソナとは、商品サービスを利用するユーザー像を仮想の人物として定義したもののことです。ペルソナを設定することにより、具体的なニーズの抽出、ニーズに連動したマーケティング施策の設計の効果を高めます。

自社の購買データや蓄積した声、顧客の分析から自社のファンとなる代表的なユーザーの特徴をペルソナに落とし込んで行きます。ペルソナはマーケティング施策を考える前に、初期段階で考えて設定するものですが、一度ペルソナを設定したらそれで完成ではなく、常に磨き続けていくものです。

以下では、ペルソナの解像度を高めていく際に情報を収集する主な方法について紹介しています。最初のペルソナを設定する際、設定したペルソナをブラッシュアップしていく際に参考にしてみてください。

ペルソナに関する情報を集める主な方法

購買データなどの保有データを確認

自社の持っている顧客データを確認します。どのようなお客様がいるのか、そのお客様はどのような商品をいつ、どのくらい購入しているのかといった情報を正確に把握します。また、クーポンの使用状況やWebサイトへのアクセス数などもチェックします。

ヒアリング

ペルソナとして設定したユーザーにヒアリングを行います。なぜその商品を購入したのか、どんなことに困っているか、どんなことを望んでいるかといった質問を直接投げかけ、引き出していく方法です。

アンケート

ヒアリングよりも広い範囲で質問を投げかけて情報を収集する方法です。ヒアリングよりも多くのユーザーに対して一斉に行うことができますが、その反面、リアルタイムに質問をアレンジして「引き出す」のは難しいです。まず大枠の方向性を検証するのはアンケート、より細部について検証してくためにヒアリング、といった形で目的別に組み合わせて実施するのがオススメです。

レビュー情報の収集

ヒアリングやアンケートは商品サービスの提供者が質問を行い、それに対する回答となります。この構図にはどうしてもバイアスがかかるため、提供者が噛まないフローでの声の収集を行うことによって得られる情報もあります。その一例としてレビュー情報やネット上での口コミなどが挙げられます。ペルソナとして設定した層のユーザーがどのような書き込みを行っているかチェックしてみます。

行動観察

顕在ニーズ・潜在ニーズの記事でも紹介しましたが、ユーザーは自分の持っているニーズを自分自身でもあまり理解できていません。そのため、直接的なヒアリングやアンケート、レビューの声だけでは得られない情報があります。そこで、実際にユーザーが商品やサービスを利用し価値体験している様子を観察し、ユーザーが困っていそうなこと、望んでいそうなことを探索します。

なお、ユーザーの観察については下記の記事でも紹介していますので、合わせてチェックしてみてください。

関連記事ユーザーの行動プロセス毎にどんなニーズがあるかを観察・記録する【調査】

自身も同じ経験を体験する

上述の情報収集方法は、ユーザーから情報を得ようとするものでした。それに対して、この項目では、実際に自分が商品サービスを体験することによって、自分自身で現場に存在するニーズを把握しようとする方法です。この作業はないがしろにされがちですが非常に重要で、実際に自分が価値の受益者になってみることでこそ見えるものがあります。商品サービスに関する専門知識や経験を蓄積しつつも、ユーザー目線を失わないよう、定期的に自信も同じ体験をする機会を設けることが重要です。

おわりに

以上、ペルソナを設定したらその精度を検証しよう!主な情報収集の方法についてでした。ペルソナを練り上げる段階ではどうしても作り手都合の目線が入っています。それは悪いことではないですが、ペルソナを設定した後、情報を収集して補完していく必要があるでしょう。ペルソナを設定したら、ぜひその精度を高めるべく検証してみてください。

また、当記事で紹介した方法以外にも、ペルソナの情報を収集する方法は多数存在するでしょう。ぜひ一度、そのようにペルソナの解像度を高めるか、ベストな方法を考えてみてください。それでは、本日もここまでお読みいただきありがとうございました。よければこちらも合わせてチェックしてみてください。

どうもこんにちは!ひらめき編集部です。今回は企画の基本である「誰に・何を・どうする」の「誰に」部分を考える際に役...
こんにちは!ひらめき編集部です。企画立案において最も重要なポイントとなる「誰に・何を(届けるのか)」。 こ...
こんにちは!ひらめき編集部です。企画立案において、誰に(ターゲットに)何を届けるのか、そしてそのターゲットはどの...
こんにちは!商品やサービスを考える際、ターゲットの設定はとても重要で、特定のターゲット像を具体的に想定したものを...

関連するオススメ本

スポンサーリンク

\ シェアいただけると喜びます!! /

合わせて読みたい記事
この記事を書いた人
トップへ戻る