マーケティングで活きるフレームワークAISAモデル【購買行動モデル】

マーケティングで活きるフレームワークAISAモデル【購買行動モデル】

こんにちは!ひらめき編集部の宮田です。今回はマーケティングやセールス、広報を考える際に活用できる購買行動モデルの一つ「AISA」モデルについての投稿です。AIDMAやAISAS同様、フレームワークとして知っておくと思考の幅が広がります。聞いたことがないという方はぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

AISAモデルをマーケティングに活用する

AISAモデルとは?

AISA(アイサ)モデルは、購買行動モデルの一つで、下記4つのプロセスを重視します。

AISAモデル
Attention(認知)
Interest(興味関心)
SocialFillter(ソーシャルフィルター)
Action(行動)

ソーシャルメディア時代における購買行動プロセスとして、「SocialFillter(ソーシャルフィルター)」の存在に焦点を当てている点が特徴です。

SocialFillter(ソーシャルフィルター)とは?

SocialFillter(ソーシャルフィルター)とは、顧客はFacebookやTwitter、Instagramなどのソーシャルメディアで繋がっているユーザー『ソーシャルフレンド』の発信する情報を意味します。企業の提供する情報やWeb検索を通じてではなく、ソーシャルメディア上の情報が購買行動における重要なフィルターとして機能するという考え方です。

ユーザーは商品を認知、関心を持った後、ソーシャルメディア上で検索するという想定を持って、ソーシャルメディア上でどのようなコミュニケーションを起こしたいかを意図的に設計していく必要があります。

おわりに

以上、マーケティングで活きるフレームワークAISAモデル【購買行動モデル】についてでした。Attention(認知)やInterest(興味関心)については割愛していますが、AIDMAの記事の中でもこれらについては触れているので、必要であれば参照してみてください。

それでは、本日もここまでお読みいただきありがとうございました。こちらの記事も合わせてチェックしてみてください。

こんにちは!ひらめき編集部の宮田です。今回はマーケティングや広報、PR、営業などにおいて顧客とのコミュニケーショ...
こんにちは!ひらめき編集部の宮田です。今回はマーケティングについて考える場面で活用できるオススメのビジネスフレー...
こんにちは!ひらめき編集部です。2018年8月、ひらめき編集部から書籍『ビジネスフレームワーク図鑑』を出版させて...
スポンサーリンク

\ シェアいただけると喜びます!! /

合わせて読みたい記事
この記事を書いた人
トップへ戻る