マーケティングで活用できるフレームワークAMTUL【購買行動モデル】

マーケティングで活用できるフレームワークAMTUL【購買行動モデル】

こんにちは!ひらめき編集部の宮田です。今回はマーケティングや広報など、顧客とのコミュニケーションに活用できる考え方、フレームワークの一つ「AMTUL(アムツール)」についての投稿です。いかに顧客との関係を深めていくか考えている方などはぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

AMTULをマーケティングに活用する

AMTULとは?

AMTUL(アムツール)とは、消費者の購買行動モデルの一つで、認知(aware)、記憶(memory)、試用(trial)、本格利用(usage)、固定利用(loyalty)の5つの段階で構成されます。

購買行動モデルで代表的なAIDMAモデルでは「購入するまで」を一つのゴールとして考えるのに対し、AMTULでは継続利用に至るまでをゴールとして考える点が特徴です。日用品や美容院などのサービスはもちろん、定額課金制のビジネスモデルが増える今、考える重要性が増しているフレームワークの一つです。

AMTULに合わせてマーケティング施策を設計する

認知(aware)

いかにして自社の商品・サービスを顧客に知ってもらうかを考えます。

記憶(memory)

いかに商品・サービスを覚えていてもらうか、思い出してもらうか、再認知してもらうかことができるかを考えます。

試用(trial)

いかに商品・サービスに触れてもらうか、体験してもらうかを考えます。サービスが気になるけど、まだ欲しいとは思っていないという顧客に向けて、まず実際にその魅力を体験してもらう方法を考えます。

本格利用(usage)

実際に正規の価格、パッケージで商品・サービスを利用してもらうにはどうするかを考えます。段階で言えばここが商品・サービスの「初回利用」の段階になります。

固定利用(loyalty)

いかに継続的に商品・サービスを利用してもらうかを考えます。

おわりに

以上、マーケティングで活用できるフレームワークAMTUL【購買行動モデル】についてでした。いかに自社の商品・サービスを利用しつづてもらうか?という問いについて、一度考えてみてはいかがでしょうか。

それでは、本日もここまでお読みいただきありがとうございました。こちらの記事も合わせてチェックしてみてください。

こんにちは!ひらめき編集部の宮田です。今回は企画立案の際に知っておきたいAIDMAについての投稿です。企画立案の...
こんにちは!ひらめき編集部の宮田です。今回はマーケティングや広報、PR、営業などにおいて顧客とのコミュニケーショ...
こんにちは!ひらめき編集部の宮田です。今回はマーケティングについて考える場面で活用できるオススメのビジネスフレー...
スポンサーリンク

\ シェアいただけると喜びます!! /

合わせて読みたい記事
この記事を書いた人
トップへ戻る