企画書作成に使える無料テンプレート一覧

自社の持つ強みを分析するフレームワーク「コア・コンピタンス分析」

自社の持つ強みを分析するフレームワーク「コア・コンピタンス分析」

こんにちは!本日は分析系のフレームワーク「コア・コンピタンス分析」についての投稿です。他社には真似できない自社の強みを掴むための手法で、定量的に自社の強みを分析したい場合にオススメです。

マーケティング担当の方や、自社の経営資源を可視化したいという方、どのようなパートナーと組めば良いか?など提携先について検討されている方などはぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

コア・コンピタンス分析について

コア・コンピタンス分析とは?

コア・コンピタンス分析とは「顧客への価値提供を行う能力のうち、他社には真似することのできない中核的な能力」を分析する手法です。

シンプルに表現すると「他社には真似できない自社の強み」を分析する手法ですが、同じような強みを分析するSWOT分析などの手法と異なる点は、他社(競合)との比較の中で客観的・定量的に分析する点にあります。

コア・コンピタンス分析の調査項目

コア・コンピタンス分析で調査項目として設定する項目は「顧客への価値提供を行う能力のうち、他社には真似することのできない中核的な能力」を意識した上で、調査の目的に応じて設定します。下記はその一例です。

調査項目の設定例
<商品力>
・商品サービスの開発数
・開発スピード
・製品シェア
<企画力>
・リサーチ能力
・プランニング能力
・顧客育成能力
<営業力>
・営業人員数
・企画提案力
・顧客名簿数
<サポート力>
・相談対応人員数
・フォロー力
・顧客満足度

コア・コンピタンス分析で扱うのは「顧客への価値提供を行う能力」であるため、「ユニークな社内行事がある」や「リモートワークのため子育て中のスタッフも活躍できる」といった内部的な強みは含みません。

コア・コンピタンス分析を活用する

分析項目を設定する

自社の持つ強みを分析するフレームワーク「コア・コンピタンス分析」

まずは左の列に分析項目を設定して記入していきます。例では上述した項目を設定しています。ここで設定する項目は、可能な限り数値化できるような定量的な項目を設定することが重要です。

補足
今回の例では全て100点満点で数値化していきますが、分析項目毎の重要度の違いを調整する場合は、重みを設定します。

調査対象を設定する

自社の持つ強みを分析するフレームワーク「コア・コンピタンス分析」

次に調査対象を設定して記入していきます。一般には一番左に自社、2列目から他社と言うスタイルをとりますが、他社情報のみをリスト的に整理するスタイルでも活用可能です。

設定する調査対象ですが、競合企業はもちろん、関連する企業や間接的に影響を及ぼしていきそうな企業も、候補に入れても構いません。網羅的に調査する方が、自社が活きるためのポイントや強みが明確になります。

調査を行う

自社の持つ強みを分析するフレームワーク「コア・コンピタンス分析」

分析項目、調査対象が決まったら、実際に情報収集、分析作業を行っていきます。複数メンバーで作業を行う場合は、強みの点数化の際にどのような切り口で良し悪しを判断するかの基準を事前に設定・共有しておくことがポイントです。

また、点数化の切り口としてどのような切り口を設定するか迷った場合には、VRIO分析などの評価項目を参考にするのもオススメです。

関連記事自社の経営資源について分析するフレームワークVRIO分析のテンプレート

コア・コンピタンスを整理する

自社の持つ強みを分析するフレームワーク「コア・コンピタンス分析」

情報収集、分析、合計点数化までの作業が完了したら、改めて自社の強みを整理、明確化します。どのような能力を尖らせていけば良いのかが浮き彫りになると同時に、どのような能力を持っているところと組めばパフォーマンスが向上するのか?といった点も可視化されていきます。

フレームのテンプレート

今回ピックアップさせていただいたフレームワーク「コア・コンピタンス分析」のフレームについて、パワーポイントで作成したデータを掲載させていただきます。目的に応じて項目を編集し、分析にご活用ください。

テンプレートコア・コンピタンス分析

おわりに

以上、自社の持つ強みを分析するフレームワーク「コア・コンピタンス分析」についてでした。コア・コンピタンス分析を行うと、想定していた強みとはまた違ったポイントに、自社の強みがあることが分かるというケースがあります。

自分の強みは、自分で考えていると分からない点もあるため、コア・コンピタンス分析を用いて客観的に数値で可視化できることは大きなメリットだったりする訳ですね。ぜひ、そのほかの分析系フレームワークと併用して活用してみてください。

それでは、本日もここまでお読みいただきありがとうございました。よければこちらも合わせてお読みください♪

関連記事SWOT分析に使えるテンプレート配信中!パワーポイント生データ無料ダウンロード

関連記事マーケティング調査・分析に使えるフレームワーク《11選》

スポンサーリンク
編集部から本が出ました
ビジネスフレームワーク図鑑
合わせて読みたい記事
トップへ戻る