企画書作成に使える無料テンプレート一覧

会議の担当者が知っておくと便利なフレームワーク「OARR」

会議の担当者が知っておくと便利なフレームワーク「OARR」

こんにちは!会議は企画運営を行っていく上で、欠かせないアクションの一つです。今回は、会議の質を高めるために役に立つフレームワーク「OARR(オール)」についての投稿です。

会議の担当者の方はぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

OARRについて

OARRとは?

OARR(オール)とは、会議を行う際に「何を目的(ゴール)に、どのような体制で会議を行うのか」を明確に定義・共有するためのフレームワークです。

Outcome(アウトカム)・Agenda(アジェンダ)・Role(ロール)・Rule(ルール)の4つの要素から構成されることから、頭文字を取ってOARR(オール)と呼ばれます。

OARRの構成要素
Outcome(アウトカム):目標・ゴール・成果物
Agenda(アジェンダ):検討項目・進行スケジュール
Role(ロール):役割分担
Rule(ルール):規則

最も大切なのはOutcome(アウトカム)の要素「目標・ゴール・成果物」です。会議を行うことによって何を得たいのか、何を促進したいのか、何を生み出したいのか?というゴールの設定ですね。

そのために検討項目を決め、ファシリテーターや議事録担当者、グラフィッカーなど役割を決定します。そして、規則とは会議に参加するメンバーが守るべき規則(ルール)のことですね。

規則について分かりづらいかもしれませんが、これはグランドルールと呼ばれることが多く、会議を円滑に進めるために共有しておきたいルールのことです。例えば下記のようなものが例となります。

  • 一人ひとりの「想い」を大切にする
  • お互いの違いや多様性から学び、アイデアを生み出す源泉とする。
  • 参加者全員で発言機会を提供し合い、よい関係性をつくりあげる
  • いつもの主張をただ話すのではなく、その場で感じたことを大切にする
  • 今日この場で一緒になった縁を大切に、アクションを支援し合う
  • テンプレート

    会議の担当者が知っておくと便利なフレームワーク「OARR」

    OARRは、会議を行う前に作成し、共有することが重要です。そこでフレームワーク「OARR」のテンプレートについて、パワーポイントで作成したデータを掲載させていただきますので、よければ会議の運営の際にご活用ください。

    テンプレートOARR

    おわりに

    以上、会議の担当者が知っておくと便利なフレームワーク「OARR」についてでした。会議を行うこと自体が目的化してしまう、というのはありがちな問題ですので、こうしたフレームワークは積極的に利用していきたいですね。

    それでは、本日もここまでお読みいただきありがとうございました。よければこちらの記事も合わせてお読みください♪

    関連記事会議を有効に活用する!アジェンダの構成例とテンプレート掲載

    関連記事WEB会議・テレビ会議ができるおすすめのサービス6選

    関連記事プロジェクトの企画運営担当者におすすめ!ファシリテーションに関する参考本11選

    スポンサーリンク
    編集部から本が出ます
    bookrec
    合わせて読みたい記事
    トップへ戻る