企画書作成に使える無料テンプレート一覧

生産管理の基本となるビジネスフレームワークQCD【業務改善】

生産管理の基本となるビジネスフレームワークQCD【業務改善】

こんにちは!ひらめき編集部の宮田です。本日は生産管理・業務改善を考える際に知っておきたい基本的なビジネスフレームワーク「QCD」についての投稿です。

業務改善を考える方はもちろん、日々仕事を行う上で全ての人が知っておきたい要素です。初めて聞いたなという方はぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

QCDについて

QCDとは?

QCDとは、仕事をする上で大切にしたいポイントである「品質(Quality)」「コスト(Cost)」「納期(Delivery)」の3つの総称です。

品質とは、商品サービスの質を表すもので、3つの中で品質が最も重要であるとされます。そしてコストとは、商品サービスを提供するために必要となる開発コスト、商品の生産コスト、あるいは管理コストなどが該当します。そして納期とは、求められる納期やスピードに対応して商品サービスを提供できるかどうかという要素です。

生産管理の基本となるビジネスフレームワークQCD【業務改善】

これら3つの要素を満たした仕事こそが満足度の高い結果を生み出すと考え、生産管理や業務改善の現場で活用されます。QCDを考える上で重要なポイントは、これらがトレードオフの関係にあるということです。

品質を高めようとするとどうしても生産コストがかかり、かつ時間も必要となります。逆に、スピードを上げようとすると、どうしても品質が落ちやすくなるでしょう。改善策を考える場合は、こうした一方を改善しようとすると別の要素に影響がでと出るう前提のもと、全体を見ながら改善策を考えていくことが重要です。

QCDの項目に沿って問題点を整理する

さて、QCDについて触れましたが、実際に現在取り組んでいる事業において、QCDのそれぞれの項目で改善することができるかチェックしてみましょう。

生産管理の基本となるビジネスフレームワークQCD【業務改善】

上図のフォーマットは、QCDの各項目についてチェックする際のシート例です。それぞれの項目の問題点を書き出し、それぞれの問題点に対する改善策を考える仕様です。問題点を考える際はムリ・ムダ・ムラの法則なぜなぜ分析、改善策を考える場合にはECRSなども参考にしてみてください。

フレームのテンプレート

上記で紹介したQCDのチェックシートについて、パワーポイントで作成したフォーマットのテンプレートを掲載しています。目的に応じて編集し、ご活用ください。

テンプレートQCDチェックシート

おわりに

以上、生産管理の基本となるビジネスフレームワークQCD【業務改善】についてでした。生産管理や業務改善の際にはぜひ意識して活用してみてください。

それでは、本日もここまでお読みいただきありがとうございました。問題発見、業務改善ほか日々の問題解決で役立つ「ビジネスフレームワーク」について、よければこちらの記事も合わせてお読みください♪

人気記事ビジネスフレームワークを活用して問題解決を加速させる

スポンサーリンク
編集部から本が出ました
ビジネスフレームワーク図鑑
合わせて読みたい記事
トップへ戻る