アイデア発想で使える加減乗除の問い【フレームワーク】

アイデア発想で使える加減乗除の問い【フレームワーク】

こんにちは!ひらめき編集部の宮田です。本日はアイデア発想の問いとして活用できる「加減乗除(四則演算)」についての投稿です。

これまでにもアイデア発想の問いは多数紹介してきましたが、今回はその中でも基本となる「増やす・減らす・掛け合わせる・割る」に焦点を当てます。アイデア発想のフレームワークを探している方などはぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

アイデア発想で使える加減乗除

加減乗除の問いで発想を広げる

加減乗除とは数学で用いる演算式である「足し算(加)」「引き算(減)」「掛け算(乗)」「割り算(割)」を意味します。これら四則演算の考え方は、アイデア発想にも活用することができます。自身の課題となっているテーマに対して適用するとどうなるか考えてみましょう。

足し算(加)

要素を増やせないか、増やしたらどうなるかを考えてみます。例えば「カフェ」について考えるとすると、「コーヒーの量を増やして超ビッグサイズのコーヒーを考えてみる」「席の量を増やして巨大カフェを考えてみる」など。

問い
要素を増やしたらどうなるか?

引き算(減)

要素を減らせないか、減らすとどうなるかを考えてみます。カフェの場合で言えば、「メニューを減らしてコーヒー飲みに絞るとどうか」「カップのデザイン要素などを極端に減らして超シンプルにしてみてはどうか」と考えてみるなど。

問い
要素を減らすとどうなるか?

掛け算(乗)

既存の要素と新しい要素を掛け合わせてみることを考えます。例えば「カフェ」に「パソコン」という要素を掛け合わせることで、「インターネットカフェ」という業態を考えだすなど。

問い
新しい要素を掛け合わせるとどうなるか?

割り算(割)

要素を分割するとどうかを考えます。例えば「朝と夜」で時間を分割し、店内の内装をガラッとかえてみてはどうかと考えるなど。あるいは、空間を分割し、半分をおしゃべりメインのスペース、半分を学生やビジネスパーソン向けのワークスペースとして考えてみるなどもあるでしょう。

問い
要素を分割するとどうなるか?

フレームのテンプレート

アイデア発想で使える加減乗除の問い【フレームワーク】

さて、今回紹介した加減乗除について、アイデア発想用にPowerPointで作成したフレームのテンプレートを掲載させていただきます。目的に応じて編集し、ご活用ください。

テンプレート加減乗除

おわりに

以上、アイデア発想で使える加減乗除の問い【フレームワーク】についてでした。今回は増やす・減らす・掛け合わせる・分割するという4つの問いでしたが、アイデア発想を支援してくれる問いは他にも多数存在します。

問いをくれる代表的なフレームワークとしては「SCAMPER」「オズボーンのチェックリスト」が有名です。下記の記事で紹介していますので、よければ合わせてチェックしてみてください。

こんにちは!企画書の書き方、企画立案の方法について発信しているひらめき編集部です。本日は、9つの問いを用いること...
こんにちは!本日はアイデアや思考を拡げる際に役に立つフレームワーク「SCAMPER」についての投稿です。 ...

ビジネスフレームワーク図鑑好評発売中

問題解決に活用できるフレームワークを紹介した書籍「ビジネスフレームワーク図鑑」、好評発売中です。アイデア発想に活用できるフレームワークも掲載しています。こちらもぜひ手にとって見てみてください。

こんにちは!ひらめき編集部です。2018年8月、ひらめき編集部から書籍『ビジネスフレームワーク図鑑』を出版させて...
スポンサーリンク

\ シェアいただけると喜びます!! /

合わせて読みたい記事
この記事を書いた人
トップへ戻る